• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2017

デイリーレポート

第3戦

盤石継投でDeNAの反撃かわし、ソフトバンクが日本一に王手!

 ソフトバンクが一気に王手をかけるのか。それとも地元・横浜に戻って来たDeNAの逆襲が始まるのか――。戦いの場を横浜スタジアムに移したSMBC日本シリーズ2017第3戦、試合は早々に動く。

 1回表、ソフトバンクは一番・柳田悠岐が右前打で出塁すると、初球にスチールを成功。DeNA先発・ウィーランドの立ち上がりを攻めると、二番・今宮健太が犠打を決め、二死後に四番・内川聖一の右中間を破る適時二塁打でソフトバンクが3試合連続となる“初回に先制点”を挙げる。

 追うDeNAは1回裏、一番・桑原将志が四球で出塁するも盗塁失敗。二番・梶谷隆幸も四球を選んだが、またも盗塁死。ソフトバンク先発・武田翔太が制球に苦しむ中、反撃の糸口をつかめない。対照的にソフトバンク打線は、毎回走者を出し、4回表に四球と安打に盗塁を絡めて一死二、三塁の好機を作ると、髙谷裕亮の中前打で二者生還。ソフトバンクが3対0とリードを広げる。

 流れを引き寄せたいDeNAは4回裏、一死からロペスが左翼ポール際へのソロ本塁打で1点を返すと、筒香嘉智の左前打に宮﨑敏郎の死球、嶺井博希は四球を選んで一死満塁に。だが、柴田竜拓が二飛、ウィーランドが三振に倒れて1点どまり。6回裏も2つの四球と安打で二死満塁とするも、倉本寿彦の二塁内野安打で1点を返したが桑原が右直で同点にすることができなかった。

 DeNAの反撃をかわしたソフトバンクは、7回・モイネロ、8回・岩嵜翔、9回・サファテの盤石リレー。その7回以降は二塁を踏ませぬ継投で、リードを守り抜き、3対2でシリーズ3連勝を飾った。

 「手に汗握る展開で、汗が引かず、ずっとユニフォームでふいていました」と試合後に語ったソフトバンク・工藤公康監督は、4回に貴重な追加点を呼び込んだ髙谷に対して「リードも含め、チャンスの場面では素晴らしいバッティングを見せてくれました」と称賛を送った。

 3連勝で日本一に王手をかけたソフトバンク。「みんなの力を合わせて明日、決める気持ちで挑みたいと思います」と指揮官。2年ぶりの頂点へ。明日の第4戦、敵地・横浜で工藤監督が宙に舞うか。

SMBC日本シリーズ2017 第3戦

2017年10月31日(火)
横浜  ◇開始 18時33分 ◇試合時間 3時間53分 ◇入場者 27,153人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
福岡ソフトバンク 1 0 0 2 0 0 0 0 0 3 7 0
横浜DeNA 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2 7 0
バッテリー
[ソ] 武田○石川(2-0)嘉弥真モイネロ岩嵜(S)サファテ(1) ‐ 髙谷
[ディ] ●ウィーランド(0-1)砂田エスコバー井納パットン ‐ 嶺井
本塁打
[ディ] ロペス 1号(4回ソロ 武田