• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2013 WORLD BASEBALL CLASSIC

デイリーレポート

第2ラウンド1組 Game 6 - 3月12日(火) -

 2013ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2ラウンド1組の順位決定戦は12日、 すでに決勝ラウンド進出を決めている日本とオランダが東京ドームで対戦、日本が10-6で逃げ切り、同組1位での準決勝進出が決まりました。

 1点をリードされた日本は2回、この回先頭の阿部慎之助(読売)が右翼に同点本塁打を叩き込むと、1死満塁として松田宣浩(福岡ソフトバンク)が中前適時打を放ち逆転。さらに、長野久義(読売)の走者一掃の左翼線二塁打で3点を追加し、再び阿部が2死一、三塁からこの回2本目の本塁打を放って、一挙8点のビッグイニングとなりました。2点差まで迫られた8回には、2死二、三塁から長野が左前に2点適時打を放ち突き放しました。

 日本の先発・大隣憲司(福岡ソフトバンク)は、初回先頭打者本塁打こそ浴びたものの、その後の3イニングを無安打6奪三振と好投。その後は小刻みな継投で粘るオランダの反撃をかわし、最後は守護神・牧田和久(埼玉西武)で逃げ切りました。

 これで日本は、第2ラウンド1組の1位となり、米国サンフランシスコで行われる決勝ラウンドでは、17日(日)18時【日本時間18日(月)10時】から行われる準決勝で、 2組2位との対戦が決まりました。

 山本浩二監督は、「皆さんのおかげで1位通過できた。あと2試合、頂点目指して頑張る」と語りました。

第2ラウンド1組(Game 6)

2013年3月12日(火)
東京ドーム ◇開始 19:08 (3時間30分) ◇入場者 30,301

(2勝2敗)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
オランダ 1 0 0 0 0 0 2 3 0 6 10 0
日 本 0 8 0 0 0 0 0 2 X 10 9 0

(3勝0敗)

バッテリー
[オ] ●Bergman(0-1)、Isenia、Pawelek、Heijstek、Balentina - Ricardo、De Cuba
[日] ○大隣(1-1)、澤村、田中、今村、森福、山口、涌井、牧田 - 炭谷、相川
本塁打
[オ] Simmons 2号(1回1点 大隣)
[日] 阿部 1号(2回1点 Bergman) 2号(2回3点 Isenia)