• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

【パCSファーストS回顧】楽天に初戦を取られるもソフトバンクが逆転で6年連続ファイナルステージへ

 パ・リーグのクライマックスシリーズ・ファーストステージが10月5日からヤフオクドームで開催され、ソフトバンクが2勝1敗で楽天を下し、ファイナルステージ進出を決めた。

 まず先手を取ったのは楽天だった。第1戦はソフトバンク・千賀滉大、楽天・則本昂大というエース同士の投げ合いとなる。楽天が初回に浅村栄斗の右中間ソロ本塁打で先制する。それでもソフトバンクはその裏、今宮健太の右翼へのソロ本塁打で同点に追いつくと、2回裏一死一塁から内川聖一が左翼へ2ランを放ち、3対1と勝ち越しに成功する。

 楽天はここから、相手のお株を奪いうような一発攻勢を仕掛けていく。3回表にオコエ瑠偉による左翼へのソロ本塁打で1点差とすると、5回表にはこの日2本目となる浅村のソロ本塁打で同点に。そして7回表二死から茂木栄五郎が決勝ソロを左中間席へ放ち、4対3と再びリードを奪った。

 投げては先発の則本昂が尻上がりに調子を上げ、3回以降は無失点。6回99球でマウントを下りた。その後は得意の継投でリードを保ち、勝利を手にした。ソフトバンクは千賀がまさかの4被弾と誤算。計6発が飛び交った空中戦を楽天が制する形となった。

 第2戦、王手をかけられたソフトバンクが意地を見せる。ソフトバンク・バンデンハーク、楽天・美馬学の先発で始まったこの試合、ソフトバンクは2日連続で楽天に先制されるも、初回に柳田悠岐の右中間ソロ本塁打で同点に追いつく。3回表に浅村の右翼ソロ本塁打で勝ち越しを許すも、その裏に二死一塁から柳田の左中間を破る適時二塁打で同点に追いつき、続くデスパイネの左翼2ランで勝ち越しに成功する。

 楽天は4回表一死満塁から今シリーズ好調の浅村がライト前への2点適時打で同点。それでもこの日の鷹打線は意地を見せる。その裏、福田秀平のソロ本塁打で勝ち越すと、5回裏にはデスパイネの右前適時打で2点のリードを奪った。

 ソフトバンクは4回から嘉弥真新也にスイッチすると、その後を石川柊太、甲斐野央、モイネロ、森唯斗とつなぎ、6投手による投手リレーでリードを保ち、6対4で勝利。ファイナルステージ進出へ逆王手をかけた。

 1勝1敗のタイで迎えた第3戦はソフトバンク・高橋礼、楽天・岸孝之の先発で始まり、これまでの2戦と同様に1点を争う好勝負となった。

 試合が動いたのは4回表。浅村が3戦連続4号目となるライトへのソロ本塁打で楽天が先制する。それでもソフトバンクはその裏、二死からデスパイネ、グラシアルの連打でチャンスを作ると、内川の右前適時打ですぐさま同点に追いついた。

 1対1の同点のまま迎えた7回裏、楽天は岸から宋家豪にスイッチしたが、その代わりばなを内川がとらえ、レフトへ勝ち越しのソロ本塁打を放った。ソフトバンクは投げては6回途中から髙橋純平、嘉弥真、甲斐野、モイネロ、森とつなぐ必勝リレー。8、9回を無安打に抑え、相手に流れを渡すことなくゲームセット。ソフトバンクが2対1で勝利し、辛くも2勝1敗で6年連続ファイナルステージへの切符をつかんだ。

 ソフトバンクとしては3戦すべてで先制されるという苦しい展開が続いたが、効果的な一発も飛び出し、最後はシーズン2位の実力を見せる形となった。次はメットライフドームへ乗り込み、10月9日から始まるファイナルステージで西武戦に臨む。

【文責=週刊ベースボール】