• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2016

デイリーレポート

第2戦

広島東洋、相手のスキを付き、6回に勝負を決めて連勝飾る

 SMBC日本シリーズ2016第2戦。広島東洋が相手のスキを見逃さず連勝を飾った。

 試合が動いたのは2回裏だ。広島東洋は一死後、六番・エルドレッドの左前打で出塁すると、次打者・小窪哲也の二塁打で先制点を奪取。一走・エルドレッドはスタートを切っており、“ランエンドヒット”での得点と、第1戦に続いて“足”を絡めて広島東洋が先制点を奪う。だが、4回表に守りのミスが出た。二死、一、二塁から北海道日本ハム・大野奨太の二ゴロを名手・菊池涼介がまさかの失策。大野のバットが折れた不規則なバウンドの打球が、菊池のグラブをかすめて右前に転がる間に二走の中田翔が生還し、試合は振り出しに戻った。

 勝敗を分ける大きな1点。その勝ち越し点を奪ったのも広島東洋だった。6回裏、先頭の田中広輔が左翼への二塁打でチャンスメークすると、次打者・菊池がバスターを敢行し、打球は三遊間を抜ける。二走・田中が一気に本塁を突き、左翼手・西川遥輝からの好返球で一時はアウトの判定も、その後にリプレイ検証が行われ、協議の末に判定が変更され、勝ち越しに成功する。なおも相手失策と、鈴木誠也の中犠飛で2点を加点。さらにエルドレッドのソロ本塁打と、相手のミスに付け入り、この回一挙に4点を奪った。

 リードを奪った広島東洋は、7回から必勝継投へ。7回は今村猛が、8回はジャクソンが北海道日本ハム打線を3人で斬って取る。9回は守護神・中﨑翔太が連打を浴びて無死一、二塁とするも、田中賢介、代打・大谷翔平を連続三振に。最後は岡大海を二ゴロに抑えて5対1で勝利を飾った。

 連敗を喫した北海道日本ハムは、広島東洋の投手陣の前に4安打に終わるなど、打線も元気なく、6回には守りにミスも出て、手痛い1敗となった。

 試合後のインタビューで「昨日、今日と本当にカープの野球ができました」と、話した広島東洋・緒方孝市監督。第1戦に続き、シーズンどおりの“機動力”に“一発”と自分たちの野球を展開した広島東洋が地元で連勝を飾った。24日の移動日を挟んで25日に行わる第3戦。最高の形で広島東洋が敵地・札幌ドームに乗り込む。

SMBC日本シリーズ2016 第2戦

2016年10月23日(日)
マツダスタジアム ◇開始 18:34 (3時間18分) ◇入場者 30,638

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
北海道日本ハム 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 4 1
広島東洋 0 1 0 0 0 4 0 0 X 5 7 1
バッテリー
[日] ●増井(0-1)、鍵谷、井口、メンドーサ - 大野、市川
[広] ○野村(1-0)、今村、ジャクソン、中﨑 - 石原
本塁打
[広] エルドレッド 2号(6回1点 鍵谷)