• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2016

デイリーレポート

第6戦

8回に一挙6得点の猛攻で接戦をモノに。北海道日本ハムが10年ぶりの日本一に輝く。

 王手をかけた北海道日本ハムが一気に日本一をつかむのか。戦いの場を再びマツダスタジアムに移したSMBC日本シリーズ2016第6戦は、早々に試合が動く。

 北海道日本ハムは1回表、先頭の西川遥輝が広島東洋の先発・野村祐輔の初球をとらえ、右中間へ三塁打を放つと、二番・中島卓也が四球を選び無死一、三塁。続く三番・岡大海の遊撃への内野安打で北海道日本ハムが先制した。

 だが、広島東洋がすぐに反撃に出る。2回裏、相手先発・増井浩俊を攻め立て、先頭の松山竜平の中前打、鈴木誠也の二塁打で無死二、三塁とチャンスメーク。小窪哲也が三振に倒れ、一死となるも、石原慶幸の3球目が暴投となって同点に。なお一死三塁で、石原の三ゴロを三塁手・レアードが失策し、三走・鈴木が生還。相手ミスで広島東洋が逆転に成功した。

 試合はなおも動く。北海道日本ハムは4回表、近藤健介の中前打、レアードの敵失で無死一、二塁とすると、田中賢介の適時打で2対2の同点に。大野奨太、代打・矢野謙次は空三振に倒れるも、二死二、三塁で西川の右越え適時三塁打で2点を加点。北海道日本ハムが再逆転する。

 再び追う展開となった広島東洋は、5回裏に二死から丸佳浩のソロ本塁打、6回裏には二死二、三塁から代打・下水流昂の遊撃への内野安打で1点を挙げ、試合を振り出しに戻す。

 一進一退の攻防――。互いの意地がぶつかり合った一戦を制したのは、北海道日本ハムだった。8回表、二死から西川、中島卓也、岡の3連打で満塁とすると、四番・中田翔が押し出し四球を選んで、勝ち越しに成功。なお満塁から投手のバースにも適時打が飛び出すと、続くレアードが左中間へ“満塁弾”を放ってダメ押し。この回、二死から一挙6点を奪う猛攻で北海道日本ハムが10対4とリードを奪った。

 試合の主導権を握った北海道日本ハムは、7回からマウンドに上がっている5番手のバースが8回を三者三振と広島打線を完璧に封じ、9回には谷元圭介がマウンドへ。9回の先頭・會澤翼を右飛、代打・西川龍馬に右前打を許すも、田中広輔を一ゴロに抑えて二死とし、歓喜まであとアウト1つ――。そして、最後の打者・菊池涼介を二飛に抑えると、マウンドを中心に歓喜の輪が広がった。

 ナインの手で8度宙に舞った栗山英樹監督は「どっちに転んでもおかしくないゲームばかりで、勝った実感がまるでない」と話すも「1試合1試合、成長してくれた」と、日本一を勝ち取った選手たちを労った。また、勝負を決めた満塁弾を放ち、日本シリーズMVPに輝いたレアードは「ファンの皆様の応援なくして日本一はなかった」と笑顔を見せた。

 2連敗スタートとなった日本シリーズも、そこから僅差の試合をモノにし続け、4連勝を飾って一気に頂点に。最大11.5ゲーム差をひっくり返し、リーグ優勝を果たした今シーズン。日本シリーズでも同様に“逆転劇”を見せた北海道日本ハムが、2006年以来、10年ぶりの日本一に輝いた。

SMBC日本シリーズ2016 第6戦

2016年10月29日(土)
マツダスタジアム ◇開始 18:33 (4時間1分) ◇入場者 30,693

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
北海道日本ハム 1 0 0 3 0 0 0 6 0 10 12 2
広島東洋 0 2 0 0 1 1 0 0 0 4 7 1
バッテリー
[日] 増井、鍵谷、石井、井口、○バース(3-0)、谷元 - 大野、市川
[広] 野村、ヘーゲンズ、今村、●ジャクソン(0-2)、大瀬良 - 石原、會澤
本塁打
[日] レアード 3号(8回4点 ジャクソン)
[広] 丸 1号(5回1点 鍵谷)