• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2016

デイリーレポート

第3戦

試合を決めたのは大谷翔平の一振り!劇的サヨナラで北海道日本ハムが勝利を飾る。

 広島東洋が一気に王手をかけるのか。それとも地元で北海道日本ハムの逆襲が始まるのか。戦いの場を札幌ドームに移したSMBC日本シリーズ2016第3戦。試合は早々に動く。

 1回裏、北海道日本ハムは、四番・中田翔の遊ゴロ間に1点を先制。対する広島東洋も2回表、左前打を放った鈴木誠也を一塁に置き、六番・エルドレッドが3戦連続弾となる右翼への2ラン本塁打を放って逆転に成功。北海道日本ハム・有原航平、広島東洋・黒田博樹の両先発を互いに攻め立てる。だが、その後は両先発ともに本塁を踏ませず。試合は落ち着き始め、広島東洋が1点をリードしたまま試合は進む。

 緊迫の投手戦――。そんな中で黒田をアクシデントが襲う。6回裏、一死を奪い、大谷を左飛に抑えた後に体の異常を訴えてベンチへ。再びマウンドに上がり、投球練習を再開したが、無念の降板。それでも、後を受けた2番手・ヘーゲンズが四番・中田を三ゴロに抑え、7回は今村猛が無失点で抑えるなど、以降も盤石の継投で試合の流れを渡さない。

 だが、北海道日本ハムが意地を見せる。8回裏、先頭の中島卓也がファウルで粘り、執念の四球で出塁し、犠打、左飛で、二死二塁となると、大谷翔平が敬遠気味の四球――。この屈辱の“四番勝負”に中田が奮起した。カウント2-0からの3球目をとらえ、二塁打を放つと、一走・大谷まで一気に生還。試合終盤で北海道日本ハムが逆転する。が、広島東洋も簡単には引き下がらない。9回表、先頭の鈴木誠也が三塁打を放つと、二死後に安部友裕が右前打を放ち、土壇場で振り出しに。試合は3対3で延長戦へともつれ込む。

 白熱のシーソーゲーム。勝敗を決めたのは大谷の一振りだった。10回裏、一死後に西川遥輝が四球で出塁、陽岱鋼は三振に倒れるも、大谷の打席の3球目に西川が二盗を成功させ、二死二塁。そして、カウント1-2から大谷が広島東洋・大瀬良大地の直球をとらえると、打球は一、二塁間を抜けて西川が一気に生還。サヨナラで北海道日本ハムが勝利を手にした。

 「西川さんが必死に走ってくれたので、何とか打ちたいと思っていました。抜けてくれてよかった。明日につながる勝ち方だと思う」とサヨナラ打を放った大谷。不振の中田が逆転打、三番の大谷がサヨナラ打と中軸が機能した一戦も、栗山英樹監督は「誰が決めたということより、今日の試合を勝てたことが大きい。すべてをかけて今日は勝ちに行った」と振り返る。

 これで対戦成績は1勝2敗に。「まだ負けている。でも、あと2試合、札幌ドームで試合ができることが決まった。明日もファンのみなさんとともに戦いたい」と意気込む指揮官。劇的勝利で勢いに乗れるか。地元・札幌で反攻へ。「大谷のサヨナラ打」を、その狼煙とする。

SMBC日本シリーズ2016 第3戦

2016年10月25日(火)
札幌ドーム ◇開始 18:33 (3時間51分) ◇入場者 40,503

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 H E
広島東洋 0 2 0 0 0 0 0 0 1 0 3 8 1
北海道日本ハム 1 0 0 0 0 0 0 2 0 1X 4 6 0

(延長10回)

バッテリー
[広] 黒田、ヘーゲンズ、今村、ジャクソン、●大瀬良(0-1) - 石原
[日] 有原、宮西、谷元、○バース(1-0) - 大野、市川
本塁打
[広] エルドレッド 3号(2回2点 有原)