• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2016

デイリーレポート

第4戦

中田、レアードのアベック弾で接戦をモノに。北海道日本ハムが対戦成績を五分にする。

 前夜のサヨナラ勝利で、勢いに乗りたい北海道日本ハム。それを阻止し、日本一に王手をかけたい広島東洋。SMBC日本シリーズ2016第4戦は、両者の意地がぶつかり合う。

 北海道日本ハムの先発・高梨裕稔は、3回まで2四球を与えたのみの無安打投球を披露。対する広島東洋の先発・岡田明丈も3回まで毎回、安打を浴びて走者を出すものの本塁を踏ませず。両先発の好投で試合は0対0のまま中盤へ。

 試合が動いたのは4回だ。広島東洋が、二死から敵失で先制点を奪う。二死一塁の場面で放ったエルドレッドの飛球を右翼手・近藤健介がまさかの落球――。二死でスタートを切っていた新井貴浩が一気に生還し、無安打ながら先制点を奪った。

 反撃に出たい北海道日本ハムは、4、5回と広島東洋・岡田の前に三者凡退に終わるも、四番の一振りで同点に追いつく。6回裏、先頭打者の四番・中田翔が、初球のスライダーをとらえると、打球は左翼席へ。主砲の“一発”で北海道日本ハムが試合を振り出しに戻した。

 以降は両軍ともに走者を出すものの得点にはつなげられず。両者譲らず、1対1の同点で試合は終盤へと進む。

 試合を動かしたのは、またしても主軸の“一発”だった。8回裏、一死から中田が四球で出塁。二死後、レアードが4球目のスライダーをとらえると、打球はバックスクリーン左に突き刺さる勝ち越し2ランに。今季のパ・リーグ本塁打キングの一発で、北海道日本ハムが勝ち越しに成功する。

 このリードを宮西尚生、そして堅いバックが守り抜く。9回のマウンドに上がった宮西は、先頭の代打・下水流昂を三振に斬ると、次打者の小窪哲也の飛球を、この回から中堅から右翼守備に回っていた岡大海が好捕。その後、四球、右前打、左前打で二死満塁のピンチを招くも、最後は丸佳浩を空振り三振に斬ってゲームセット。3対1で北海道日本ハムが接戦をモノにした。

 試合後、栗山英樹監督は緊迫のゲーム展開に「しびれました」と一言。決勝打を放ったレアードに対して「冷静に、しっかりと相手のボールをとらえてくれた。久しぶりに興奮した」と称賛を送ると、最後にピンチを招きながらも無失点に抑えた宮西には「困れば困るほど、もっとも信頼できる宮西がマウンドにいたので、打ち取ってくれると信じていた」と左腕を労った。

 これで対戦成績は2勝2敗の五分に。「選手たちは一試合一試合、強く上手くなってきた。長くシリーズを戦うことができれば必ず前へ進む。がんばっている選手たちを北海道の人たちと一緒に喜ばせてあげたい」と栗山監督。翌27日に行われる第5戦。北海道日本ハムが、地元・札幌で一気に王手をかけてみせる。

SMBC日本シリーズ2016 第4戦

2016年10月26日(水)
札幌ドーム ◇開始 18:31 (3時間30分) ◇入場者 40,599

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
広島東洋 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 6 1
北海道日本ハム 0 0 0 0 0 1 0 2 X 3 5 1
バッテリー
[広] 岡田、今村、●ジャクソン(0-1) - 石原
[日] 高梨、バース、○谷元(1-0)、(S)宮西(1) - 大野、市川
本塁打
[日] 中田 1号(6回1点 岡田)、レアード 2号(8回2点 ジャクソン)