• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2016

デイリーレポート

第5戦

西川の劇的サヨナラ満塁弾で北海道日本ハムが日本一に王手!

 王手をかけるのは北海道日本ハムか、それとも広島東洋か――。対戦成績2勝2敗の五分で迎えたSMBC日本シリーズ2016第5戦。広島東洋打線が、北海道日本ハムの先発・加藤貴之の立ち上がりを攻める。

 1回表、広島東洋は先頭の田中広輔の中前打、菊池涼介の犠打、丸佳浩の中前打で一死一、三塁の好機を演出。四番・エルドレッドは一邪飛に倒れるも、五番・鈴木誠也が中前に適時打を放って幸先よく先制点を挙げた。

 援護をもらった広島東洋の先発・ジョンソンは、初回を三者凡退に斬って取り、試合の流れを引き寄せると、打線も攻撃の手を緩めない。2回表、先頭の小窪哲也の四球、下水流昂の二塁打、石原慶幸は遊ゴロに倒れるも、田中の四球で一死満塁とし、加藤をマウンドから引きずり下ろす。

 だが、これ以上の失点は許されない北海道日本ハムは、2番手のメンドーサが気迫の投球を披露。一死満塁から菊池を三ゴロ、丸を空振り三振に斬って取り、無失点に抑える。以降も7回まで広島打線を1安打に封じる力投を見せるメンドーサに応えたい打線は、7回裏、この回からマウンドに上がった2番手・今村猛から、先頭の田中賢介が四球をもぎ取ると、市川友也の犠打、中島卓也の左前打でチャンスメーク。一死一、三塁とし、岡大海の中飛で、三走・田中賢介が生還。浅い飛球も迷わず本塁を突き、試合を振り出しに戻した。その後、両者譲らず試合は1対1のまま終盤へ。

 勝敗が決したのは9回裏だ。マウンド上がった広島東洋のクローザー・中﨑翔太に北海道日本ハム打線が襲いかかる。一死後、田中賢介が四球で出塁、市川の犠打、中島卓也の投手内野安打に岡の死球で二死満塁と好機をつくると、打席には西川遥輝が向かう。その2球目。中﨑の高めに浮いたストレートを思い切り振り抜くと打球は右翼スタンドへ。「何が起きたか分からない」と西川がダイヤモンドを一周。サヨナラ満塁弾で日本ハムが劇的勝利を手にした。

 これで日本一へ王手をかけた栗山英樹監督は、西川の一発に「感動しました」と興奮気味に話し、「どっちに転んでもおかしくないゲームが続いている。『みんなで勝つんだ』という思いで一つになっている」と、チーム一丸の勝利を強調した。翌28日の移動日を挟んで、29日に再びマツダスタジアムで行われる第6戦。指揮官は「焦らず、きっちり勝ちきれるようにしっかりやってきます。良い報告ができるように頑張ります」とファンに誓った。

 2006年以来、10年ぶりの日本一まで、あと1勝――。地元・札幌で3連勝を飾り、勢いに乗る北海道日本ハムが敵地・広島に乗り込む。

SMBC日本シリーズ2016 第5戦

2016年10月27日(木)
札幌ドーム ◇開始 18:03 (3時間32分) ◇入場者 40,633

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
広島東洋 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 7 0
北海道日本ハム 0 0 0 0 0 0 1 0 4X 5 7 0
バッテリー
[広] ジョンソン、今村、ジャクソン、●中﨑(0-1) - 石原
[日] 加藤、メンドーサ、谷元、○バース(2-0) - 市川
本塁打
[日] 西川 1号(9回4点 中﨑)