• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2018

デイリーリポート

第3戦

点を取っても追いかけてくる……広島の猛追にソフトバンクが薄氷の勝利

 マツダスタジアムでの2試合は広島の1勝1分けに終わったSMBC日本シリーズ2018。10月30日、ソフトバンクの本拠地・ヤフオクドームに舞台に移して行われた第3戦、最初に大きなチャンスを作ったのは広島だった。0対0で迎えた3回表、ソフトバンク先発のミランダから先頭の野間峻祥が一塁強襲の内野安打で出塁すると、続く會澤翼も左前打。安部友裕が犠打を決めて一死二、三塁とすると田中広輔は四球を選んで満塁と好機を広げた。

 しかし、ここでミランダが踏ん張る。菊池涼介にはフォーク、丸佳浩にはチェンジアップを低めに投じて連続空振り三振に仕留め、ガッツポーズ。続く4回表にも広島は一死から松山竜平が右翼フェンス直撃の二塁打を放ったが、メヒアが右飛、野間が三邪飛に倒れ、ミランダから先制点を奪うことができなかった。

 一方、ソフトバンクは広島先発・九里亜蓮のスキを突いた。4回裏一死から連続四球で一、二塁とすると、中村晃が高めに浮いたカットボールを右翼へはじき返して1点を先制した。「リラックスして打ちにいきました。先制点になり良かったです」と笑顔の中村晃に続き、二死一、二塁から今宮健太も外角低めのスライダーにバットを合わせ左翼へ適時打。ソフトバンクが2点を先制した。

 広島もすかさず5回表一死から安部が右翼席へ本塁打をたたき込み1点差としたが、ソフトバンクはその裏、すぐに突き離す。一死一、三塁から柳田悠岐のゴロを処理した一塁のメヒアが二塁へ悪送球。三走の上林誠知がホームを踏み、一死二、三塁と続いたチャンスでデスパイネの遊撃へのゴロの間に1点を追加して4対1と点差を再び広げた。だが、広島も食らいつく。6回表、先頭の鈴木誠也が右翼席へ一発を放つと、松山も中前打。無死一塁となり、ソフトバンクベンチはミランダをあきらめ高橋礼をマウンドに送ったが一死後、野間、會澤に連打が出て、広島が再度1点差とした。

 点を取っても広島が追いかけてくる嫌な展開。6回裏にデスパイネの3ラン、7回裏に髙谷裕亮ソロなどでソフトバンクが9対3としたところで試合は決まったかに思われたが、広島はあきらめない。8回表、先頭の鈴木が2打席連続弾を左翼席へ運び反撃開始。一死後、2本の安打と四球で満塁とすると、安部が加治屋蓮のカーブをうまくとらえ、ホームランテラスに飛び込む満塁弾。広島が三たび、1点差へと詰め寄った。

 9対8のまま9回へ突入。ソフトバンクのマウンドには森唯斗が上がった。守護神がしっかりと広島攻撃を食い止めるか。森は先頭の丸を空振り三振に仕留めたが、続く鈴木が右前打、二死後にバティスタがセンターへはじき返し、二死一、三塁とピンチを招く。広島打線がじりじりと重圧をかけていく。緊張感が高まったが森は1球で野間を一塁ゴロに打ち取り、1点差を守り切ってチームに勝利をもたらした。

 1勝1敗1分けと対戦成績を五分に戻したソフトバンクの工藤公康監督だが広島の猛追に「ホッとしました。(広島打線は)本当にすごい粘りで……」。この勝利でソフトバンクは日本シリーズではヤフオクドームで10連勝を果たした。本拠地で無類の強さを見せるソフトバンク。明日の第4戦でも“地の利”で勝利を呼び込むことができるか。

SMBC日本シリーズ2018 第3戦

2018年10月30日(火)
ヤフオクドーム  ◇開始 18:33 (3時間57分) ◇入場者 35,746人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
広島東洋 0 0 0 0 1 2 0 5 0 8 16 1
福岡ソフトバンク 0 0 0 2 2 4 1 0 x 9 12 0
バッテリー
[広] 九里(0-1)、ヘルウェグ岡田中田一岡會澤
[ソ] ミランダ(1-0)、高橋礼モイネロ武田加治屋嘉弥真、(S)(1) - 甲斐髙谷
本塁打
[広] 安部 1号(5回ソロ ミランダ)、2号(8回満塁 加治屋)、鈴木 1号(6回ソロ ミランダ)、2号(8回ソロ 加治屋
[ソ] デスパイネ 1号(6回3ラン 岡田)、髙谷 1号(7回ソロ 中田