• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2018

デイリーリポート

第5戦

劇的な四番の一発でソフトバンクがサヨナラ勝利、連続日本一へ王手!

 ソフトバンクの2勝1敗1分けで迎えたSMBC日本シリーズ2018第5戦(ヤフオクドーム)。一進一退の攻防を制したのはソフトバンクだった。今シリーズ、2度目の延長戦に入った10回裏、打席には四番の柳田悠岐。1ボールからの2球目だった。広島の守護神・中﨑翔太が投じた真ん中から内角低めに入ってくるスライダーを完ぺきにとらえた。高々と舞い上がった打球は右翼のホームランテラス席へ。柳田の今シリーズ、初本塁打は劇的なサヨナラ弾となった。「バットが折れたので、“折れた!”と思ったけど、テラスに入ったので驚きました。初めての経験なので、すごくうれしいです」と柳田は満面の笑みを浮かべた。

 ソフトバンク・千賀滉大、広島・大瀬良大地と中4日でエースが先発マウンドに上がったこの試合。先手を取ったのは広島だった。2回表、二死一、三塁で會澤翼が中前適時打を放ち、1点を先制。ソフトバンクは4回裏、中村晃の中前2点適時打で逆転に成功したが、5回表、広島はシリーズ打率1割台と苦しんでいた男が仕事を果たした。一死から田中広輔が二塁打で出塁。二死後、左の丸佳浩を打席に迎えたところで、工藤公康監督は先発の千賀をあきらめ、左腕のモイネロをマウンドに送った。

 だが、1ボール1ストライクからの3球目、丸が高めの直球をたたくと快音を残して打球は右翼席へ飛び込む値千金の逆転2ランに。その裏、大瀬良が一死二、三塁のピンチを背負ったところで、今度は広島ベンチが動く。投手交代。マウンドにはヘルウェグが上がった。しかし、助っ人右腕はグラシアルに死球を与えて満塁とすると、柳田の投ゴロをはじき、併殺を完成させることができずに同点とされてしまった。

 試合はまだ動く。6回表二死、會澤が武田翔太から左翼のホームランテラス席に一発を放り込み、すかさず1点を勝ち越すも、今度は7回裏にフランスアから明石健志が右翼席へ同点弾を運んだ。勝利の女神はどちらに微笑むのか。両軍監督は勝利への執念を見せていく。

 8回表、この回からマウンドに上がった高橋礼が二死を取って會澤を迎えたところで、工藤監督は森唯斗に交代。この試合、2安打2打点と好調だった會澤を早めの守護神投入で封じる選択をしたが、これが成功した。森はイニングまたぎでマウンドに上がった9回も0点に抑えた。対する広島の緒方孝市監督も9回裏、フランスアが一死二塁としたところで中﨑を投入。このピンチは切り抜けたが、冒頭にあるように中﨑は10回裏、柳田にサヨナラ本塁打を浴びてしまった。

 「今年最後のヤフオクドームでの試合は勝って終わりたかった。さすが四番。大きなゲームで、大きな仕事をしてくれた」と工藤監督も興奮を隠せない。ヤフオクドームでは日本シリーズ12連勝を果たしたソフトバンク。「王手がかかったので、日本一になれるように。きっと日本一になります!」。工藤監督も連続日本一をはっきりと視界にとらえた。

SMBC日本シリーズ2018 第5戦

2018年11月1日(木)
ヤフオクドーム  ◇開始 18:33 (4時間25分) ◇入場者 35,917人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 H E
広島東洋 0 1 0 0 2 1 0 0 0 0 4 8 0
福岡ソフトバンク 0 0 0 2 1 0 1 0 0 1x 5 9 0
バッテリー
[広] 大瀬良ヘルウェグ一岡フランスア、●中﨑(0-1) - 會澤
[ソ] 千賀モイネロ武田嘉弥真高橋礼、○加治屋(1-0) - 甲斐髙谷
本塁打
[広] 1号(5回2ラン モイネロ)、會澤 1号(6回ソロ 武田
[ソ] 明石 1号(7回ソロ フランスア)、柳田 1号(10回ソロ 中﨑