• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2018

デイリーリポート

第4戦

広島の“足技”を封じたソフトバンク、投打が噛み合い日本シリーズで本拠地11連勝

 前夜、今シリーズ初勝利を遂げたが、8回に6点差から1点差までに詰め寄られるなど広島の猛追にあったソフトバンク。広島打線の勢いを断ち切ることができるか。SMBC日本シリーズ2018第4戦(ヤフオクドーム)。ソフトバンク先発・東浜巨の立ち上がりに注目が集まったが、初回からピンチを作る。一死から菊池涼介に左前打を浴びると、丸佳浩には3ボールからの4球目、外角高めに甘く入った直球を右中間に運ばれる。会心の一撃に一走・菊池は二塁、そして三塁を蹴った。

 しかし、ソフトバンクは見事な中継プレーを見せる。クッションボールを素早く処理した中堅・柳田悠岐が中継の二塁・明石健志へ。送球を受けた明石は捕手・甲斐拓也へストライク送球。菊池を間一髪でアウトとし、先制点を許さなかった。ベンチの工藤公康監督が「よし、これでいける!」と拳を握ったプレーで、東浜にもギアが入る。

 テンポのいい投球で東浜が2、3回を0点に抑えると、3回裏、だ。ソフトバンク打線が集中力を発揮した。二死から甲斐がこの試合、野村祐輔からチーム初安打で出塁すると打席には上林誠知。若きスラッガーは2ボール1ストライクから真ん中に入ってくるスライダーをジャストミート。打球は右中間席へ高々と舞い込む先制2ランとなった。

 広島打線は4回表、簡単に二死となったが四番・鈴木誠也が外角高めの直球を振り切ると打球は左中間席へ一直線。前夜と同様、すかさず広島が1点差に迫ったが、これも前夜と同様、ソフトバンクがすぐに突き離す。4回裏、二死からデスパイネが放った強烈な打球が左翼席へ消えた。これで3対1。5回表、広島打線に追い上げを許さないか。勝敗の行方を左右する大きなポイントとなりそうだったが、甲斐の強肩が広島の勢いをのみ込んだ。二死一塁から盗塁を試みた安部友裕を刺し、この回0点。甲斐は今シリーズで4度の盗塁企図をすべて刺す強肩ぶりを発揮し、広島の機動力を完全に封じ込んでいる。

 6回表からソフトバンクは継投策に入った。まずモイネロが走者を出しながらゼロに抑えると、その裏、打線が1点を追加。7回表には武田翔太が広島打線に点を許さない。そして8回表。ソフトバンクベンチは前夜、5失点を喫したセットアッパーの加治屋蓮ではなく、嘉弥真新也に託した。嘉弥真は一番から始まる上位打線を三者凡退に抑えると9回は森唯斗がマウンドへ。剛腕守護神も鈴木、松山竜平、バティスタを封じて、ソフトバンクが4対1で勝利した。ソフトバンクのリリーフ陣は広島打線に安打を許さない見事な投球だった。

 ヤフオクドームでの日本シリーズ11連勝を果たした工藤監督は「ヤフオクドームで負けるわけにはいかない。たくさんのファンに見守られて日本シリーズを戦える喜びを噛み締めて、今日勝つことができました」とファンに感謝。これで2勝1敗1分けと一歩リードしたソフトバンク。明日の第5戦で勝利をすれば日本一へ王手をかけることになる。

SMBC日本シリーズ2018 第4戦

2018年10月31日(水)
ヤフオクドーム  ◇開始 18:34 (3時間21分) ◇入場者 35,796人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
広島東洋 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 4 0
福岡ソフトバンク 0 0 2 1 0 1 0 0 x 4 9 0
バッテリー
[広] 野村(0-1)、ヘルウェグ今村アドゥワ中村祐會澤
[ソ] 東浜(1-0)、モイネロ武田嘉弥真、(S)(2) - 甲斐髙谷
本塁打
[広] 鈴木 3号(4回ソロ 東浜
[ソ] 上林 1号(3回2ラン 野村)、デスパイネ 2号(4回ソロ 野村