• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2018

デイリーリポート

第6戦

ソフトバンクが2年連続日本一!MVPは連続盗塁阻止の新記録樹立の甲斐拓也

 ソフトバンクの守護神・森唯斗が最後の打者、広島・鈴木誠也を三ゴロに打ち取る。三塁からの送球を受けた一塁・中村晃は両手を挙げてガッツポーズ。マウンド付近では森を中心に歓喜の輪が広がる。ソフトバンクの3勝1敗1分けで迎えたSMBC日本シリーズ2018第6戦(マツダスタジアム)。ソフトバンクが2対0で広島を下して、2年連続9度目の日本一に輝いた。

 ソフトバンクは0対0で迎えた4回表、柳田悠岐の四球、中村晃の左前打で無死一、二塁のチャンスを作ると、内川聖一が送りバント。第5戦で自身8年ぶりの犠打を決めていたベテランが再び見せた献身的プレーを続く西田哲朗が無駄にしなかった。1ストライクからの2球目、ジョンソンが投じた高めに浮いたストレートに対してスッとバットを合わせる。意表を突くスクイズ。三走・柳田がホームを駆け抜け、ソフトバンクが1点を先制した。

 5回表には二死からグラシアルが日本シリーズ初本塁打を左翼席中段へたたき込む。「崩されたけど打った瞬間行ったと思った。2アウトランナーなしだったが追加点が欲しいところで打てて良かったよ」と助っ人は自画自賛したが、確かに1ボール2ストライクからの5球目、外角低め、ボール球のスライダーを巧みにとらえた一発だった。

 ソフトバンク先発のバンデンハークも見事なピッチングを披露。「今日はとにかく攻撃的な投球をしようと思っていた」という言葉どおり、逃げることなく広島打線に立ち向かった。150キロを超える直球にチェンジアップ、ナックルカーブのキレは抜群で4回裏からは圧巻だった。この回、菊池涼介、丸佳浩、鈴木を3者連続三振に打ち取ると、5回裏も3奪三振、さらに6回裏も2三振を奪った。

 バックもバンデンハークをもり立てた。特に、捕手の甲斐拓也だ。初回一死一塁、1ボール1ストライクからの3球目に一走・田中広輔がスタート。甲斐はすかさず二塁へ送球したが微妙なタイミングながら判定はセーフとなり、工藤公康監督はリクエストを要求。リプレー検証の結果、判定は覆ってアウト。これで甲斐は5連続盗塁阻止の日本シリーズ新記録を樹立し、2回裏にも二死一、三塁から盗塁を試みた一走・安部友裕を刺し、自らの記録を更新した。「拓也のリードと盗塁阻止には本当に感謝です」とバンデンハークも絶賛。シリーズを通して広島の機動力を封じた甲斐は日本シリーズMVPに輝いた。

 ナインの手により胴上げで15度、宙を舞った工藤監督。「本当に幸せに思います。選手のみんなありがとう。2位という悔しい思いをして、とにかく日本一を目指して頑張ろうという強い気持ちがあったから、ここまで来られた」と喜びを語った。シーズン2位からクライマックスシリーズを勝ち抜き、そして日本シリーズで頂点に立ったソフトバンク。短期決戦での強さは王者にふさわしい姿だった。

SMBC日本シリーズ2018 第6戦

2018年11月3日(土)
マツダスタジアム ◇開始 18:33 (3時間14分) ◇入場者 30,723人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
福岡ソフトバンク 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 3 0
広島東洋 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
バッテリー
[ソ] バンデンハーク(1-1)、武田嘉弥真、(S)(3) - 甲斐髙谷
[広] ジョンソン(1-1)、一岡フランスア石原會澤
本塁打
[ソ] グラシアル 1号(5回ソロ ジョンソン