• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2012年 表彰選手

2012年3、4月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

3、4月度候補選手 パ・リーグ受賞選手

3、4月度の日本生命・月間最優秀選手(月間MVP)が下記のとおり決まりました。

打者賞

W.バレンティン
W.バレンティン (東京ヤクルト)【2度目】
[成績]  試合 25  安打 24  本塁打 6  打点 16  打率 .308

投手賞

館山 昌平
館山 昌平 (東京ヤクルト)【2度目】
[成績]  試合 5  3勝0敗0S  防御率 1.85

 今シーズン最初の受賞選手は、両部門とも好調ヤクルト投打のウラディミール・バレンティン選手と館山昌平投手が、ともに自身2回目の受賞となりました。(バレンティン選手=2011年5月度以来、館山投手=2010年8月度以来)

 バレンティン選手は、リーグトップの6本塁打を放ち、特に4月20日からは畠山選手に代わって4番に座ると、9試合で4本塁打、9打点をたたき出し、昨年のリーグ本塁打王の実力を遺憾なく発揮しました。バレンティン選手が本塁打を放った試合のチームの勝敗は5勝1敗。本塁打の内容も勝越打、逆転打ありと、まさに試合の流れを変える主軸の打撃が評価されました。

 館山投手は、抜群の制球力を発揮した中日・山本昌投手、ノーヒットノーランを達成した広島・前田健太投手らを抑え、3勝負けなし、防御率1点台の安定した投球内容が評価されました。またその裏には、昨年11月に持病である右手血行障害の手術を行った後、開幕に間に合わせて、しっかりとローテーションを守っていることも見逃せない点です。

 昨シーズン、あと一歩のところで“優勝”を逃したチームにとって、投打の軸が順調なスタートを切ったことは、悲願に向けて何より心強い材料となったはずです。

参考

月間個人打撃成績
選手名 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
阿部 慎之助 (巨) 24 80 26 4 12 0 .325
坂本 勇人 (巨) 24 94 30 2 12 1 .319
バレンティン (ヤ) 25 78 24 6 16 0 .308
川端 慎吾 (ヤ) 22 75 23 0 7 0 .307
長野 久義 (巨) 24 90 27 1 8 4 .300
月間個人投手成績
選手名 球団 試合 完投 完封 勝利 敗戦 投球回 奪三振 自責点 防御率
山本昌 (中) 5 0 0 2 0 0 0 33 21 2 0.55
野村 佑輔 (広) 5 0 0 2 1 0 0 35 23 3 0.77
前田 健太 (広) 6 1 1 3 2 0 0 43 37 8 1.67
館山 昌平 (ヤ) 5 0 0 3 0 0 0 34 23 7 1.85
*バーネット (ヤ) 14 0 0 1 0 10 2 13.2 8 0 0.00

* 印=規定投球回未満


◎バレンティン、館山昌平両選手の表彰式は、5月16日(水)東京ヤクルト-福岡ソフトバンク(神宮)の試合前に行われる予定です。(雨天順延)

◎各選手には、
 ☆セントラル野球連盟より記念楯
 ☆日本生命保険相互会社より賞金30万円ならびにトロフィーが贈られます。