• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 阪神タイガース
  • 読売ジャイアンツ
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • パシフィック・リーグ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2014年 表彰選手

2014年度 ジョージア魂賞 年間大賞 受賞プレー

年間大賞ノミネートプレー

 今年のプロ野球シーズンを通して「ファン自身が元気づけられた魂あふれるベストプレー」へ贈られたジョージア魂賞受賞全12プレーの中から、このたび、ファンの投票で選ぶ2014年度の「ジョージア魂賞 年間大賞」 および、ジョージア魂賞のナビゲーターとゲストが選ぶ「ジョージア魂賞 特別賞」が決定しましたので、お知らせいたします。

2014年度 ジョージア魂賞 年間大賞

大谷 翔平
大谷 翔平(北海道日本ハムファイターズ)
「うなりを上げる剛速球でピンチ脱出」
受賞プレー

第2回(4月下期)ジョージア魂賞 受賞
 4月20日(日) 東北楽天ゴールデンイーグルス 対 北海道日本ハムファイターズ

 うなりを上げた剛速球が捕手のミットに収まる。北海道日本ハムの大谷翔平が元メジャー・リーガーを制圧するピッチングを見せた。1点リードの6回裏二死一、二塁のピンチ。打席のジョーンズに150キロ超のストレートをビシビシ投げ込む。フルカウントからの勝負球。内角高めに、この日、最速となる154キロ。ジョーンズは空振り三振に倒れ、大谷はマウンド上で雄たけびを上げた。「真っすぐでいける自信はあった」。大谷の潜在能力が爆発した対戦であった。
 今回の受賞に関して、ナビゲーターの渡部建さん(アンジャッシュ)は「ここが勝負所だと感じて、思い切り投げ込んだのでしょう。すごいストレートでしたね。今年は顔つきも変わったように感じます。二刀流をやり通す覚悟がにじみ出ていますね。」と称えました。
 また、投稿いただいたファンの皆様からは以下のようなコメントが届いています。 「チームが連敗中に気迫あるピッチングで勇気をもらいました。打者としても頑張っています。」

2014年度 ジョージア魂賞 特別賞

山本昌
山本昌(中日ドラゴンズ)
「64年ぶりに更新した最年長勝利」
受賞プレー

第11回(9月上期)ジョージア魂賞 受賞
 9月5日(金) 中日ドラゴンズ 対 阪神タイガース

 ベテラン左腕が生ける伝説となった。49歳25日での先発となった中日・山本昌だが5回を投げ5安打、無失点で今季初勝利。これは1950年に浜崎真二(阪急)が48歳4カ月で成し遂げた最年長勝利、さらに同10カ月でマークした最年長出場、最年長登板、最年長先発、最年長奪三振など数々のプロ野球記録を64年ぶりに更新した記念すべき 1 勝だった。「本当に幸せな野球選手だと思います」と語った山本昌。次は前人未到の50歳でのマウンドを目指す。
 今回の受賞に関して、ナビゲーターの渡部建さん(アンジャッシュ)は「僕より7歳も上でまだユニフォームを着ているなんて、驚きですよね。同年代の方にも夢や希望を十二分に与えているでしょう。できるだけ長く熟練のピッチングを見たいですね。」と称えました。
 また、投稿いただいたファンの皆様からは以下のようなコメントが届いています。 「山本昌投手の最年長勝利、49歳を過ぎ体調管理も年々難しくなってくる中で最初から飛ばして5回を零点に抑えた90球の熱投はスゴかった!さすが中年の星」

稲葉 篤紀
稲葉 篤紀(北海道日本ハムファイターズ)
「引退ロードで放った代打逆転本塁打」
受賞プレー

第12回(9月下期)ジョージア魂賞 受賞
 9月30日(火) 北海道日本ハムファイターズ 対 埼玉西武ライオンズ

 今季限りで現役引退を表明した北海道日本ハムの稲葉篤紀が、チームを4連勝に導く代打逆転2ラン本塁打を放った。2対3と1点ビハインドの7回裏、一死から中田が左前打で出塁し、飯山が犠打で二死二塁と好機を広げると、赤田に代わり代打で稲葉の名前がコール。大歓声の札幌ドームの中、埼玉西武の4番手・増田の2球目、144キロの内角ストレートを巧みにとらえると打球はライトスタンドへ逆転2ラン。「ファンの皆さんがいい雰囲気をつくってくれたおかげ」と稲葉は3万3143人のファンに感謝した。
 今回の受賞に関して、ナビゲーターの渡部建さん(アンジャッシュ)は「こういったシチュエーションで結果を残すからこそ、2,000安打を達成する打者となれたのでしょうね。いつかグラウンドに戻ってくる稲葉選手が見てみたいです。」と称えました。
 また、投稿いただいたファンの皆様からは以下のようなコメントが届いています。 「まだまだ続けてほしいし、稲葉ジャンプができなくなるのも、さみしい」

 2014年度「ジョージア魂賞 年間大賞」は、第1回(4月上期)~第12回(9月下期)で受賞した全12プレーの中から、11月3日(月)15時~11月14日(金)24時にかけてファンの方々に投票いただき、最も得票数の多かった1プレーを2014年度「ジョージア魂賞 年間大賞」として表彰いたします。

 「ジョージア魂賞 年間大賞」を受賞した大谷翔平選手に対して、記念盾とともに、副賞としてジョージア製品1年分(12ケース)と賞金100万円が贈られます。 また、「ジョージア魂賞 特別賞」を受賞した山本昌選手と稲葉篤紀選手には、記念盾とともに、副賞としてジョージア製品1年分(12ケース)と賞金30万円が贈られます。