• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2015 WBSC プレミア12

フォトギャラリー

1次ラウンド グループB Game1 - 11月8日(日) -

 WBSC世界野球ランキングの上位12カ国が出場する国際大会「2015 WBSC プレミア12」が8日、札幌ドームで開幕しました。1次ラウンドB組の日本は韓国に5-0で快勝、初戦を白星で飾りました。

 日本の開幕戦先発は大谷翔平(北海道日本ハム)。最速161キロを記録するなど圧巻の投球で韓国打線を寄せ付けず、6回を2安打無失点10奪三振に斬って取りました。
打線も2回、振り逃げと安打でつくったチャンスに、平田良介(中日)が放った打球が三塁ベースに当たる幸運な二塁打となって先制すると、坂本勇人(読売)の犠飛で更に1点を奪いました。追加点の欲しい日本は5回、再び平田の右前適時打で加点すると、6回には坂本が左越ソロ本塁打、8回には山田哲人(東京ヤクルト)の適時二塁打で突き放しました。
日本は大谷の後を則本昂大(東北楽天)、松井裕樹(東北楽天)とつないで韓国打線を完封、投打ががっちりとかみ合って最高のスタートを切りました。

 小久保裕紀監督は「今日は大谷のピッチングに尽きる。打線もよくつなぎ守備でももり立てた。緩めることなく全部勝って予選を通過したい」と快勝に満足な様子でした。

 日本はこの後、台湾に移動。次戦は11日(水)、天母球場で18時(日本時間19時)からメキシコと対戦します。

1次ラウンドグループB (Game 1)

2015年11月8日(日)
札幌ドーム ◇開始 19:11 (3時間37分) ◇入場者 28,848

(0勝1敗)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
韓 国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0
日 本 0 2 0 0 1 1 0 1 X 5 12 0

(1勝0敗)

バッテリー
[韓] ●金広鉉(0-1)、曺尚佑、車雨燦、鄭ウラム、趙茂根 - 姜珉鎬、梁義智
[日] ○大谷(1-0)、則本、松井裕 - 嶋
本塁打
[日] 坂本 1号(6回1点 鄭ウラム)