• セントラル・リーグ
  • 広島東洋カープ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2015 WBSC プレミア12

フォトギャラリー

1次ラウンド グループB Game22 - 11月14日(土) -

 WBSC世界野球ランキングの上位12カ国が出場する国際大会「2015 WBSC プレミア12」は14日、1次ラウンド第6日が台湾の各球場で行われ、日本は桃園国際球場で世界ランキング2位の米国と対戦、試合後半の打線爆発で10-2と大勝し4連勝、決勝ラウンド進出を決めました。

 日本の先発・菅野智之(読売)は立ち上がりから制球に苦しみ、一発を浴びるなど序盤で2点を失い、打線も相手先発投手にタイミングが合わず、3回までわずか1安打に抑えられる苦しい展開となりました。

 しかし4回、筒香嘉智(横浜DeNA)が2死から適時二塁打を放って反撃の狼煙を上げると、6回には1死一、二塁から再び筒香がバットを折りながらも中前に運ぶ同点打。続く絶好調の中田翔(北海道日本ハム)がここでも決め、左中間スタンドに飛び込む3ラン本塁打を放ち一気に勝ち越しました。

 さらに7回にも筒香の3打席連続となるタイムリーヒット、松田宣浩(福岡ソフトバンク)の満塁ホームランも飛び出し試合を決めました。救援投手陣も5回から則本昂大(東北楽天)、山崎康晃(横浜DeNA)、増井浩俊(北海道日本ハム)、澤村拓一(読売)とつなぎ、危なげない投球で米国打線に付け入る隙を与えませんでした。

 小久保裕紀監督は「筒香が緊迫した場面で点を取ってくれて楽になった。中田の本塁打もあったが、今日は筒香のバッティング。」と、前の試合のミスを取り返した主砲を称えました。
3試合連続となる決勝打を放った中田も「筒香のタイムリーで楽な気持ちで打席に入れた。仕事ができて本当に良かった」と笑顔を見せました。

 日本はこれで開幕4連勝となりグループBの1位が確定、16日から始まる決勝ラウンド進出を決めました、明日の15日は1次ラウンドの最終戦、桃園国際球場で18時(日本時間19時)からベネズエラと対戦します。

1次ラウンドグループB (Game 22)

2015年11月14日(土)
桃園 ◇開始 18:05 (3時間27分) ◇入場者 10,437

(4勝0敗)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
日 本 0 0 0 1 0 4 5 0 0 10 13 1
米 国 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2 7 2

(2勝2敗)

バッテリー
[日] 菅野、○則本(1-0)、山崎康、増井、澤村 - 嶋、中村悠
[米] Grube、●Simmons(0-1)、Eveland、Satterwhite、Forsythe、Coleman - Morin
本塁打
[日] 中田 2号(6回3点 Eveland)、松田 1号(7回4点 Satterwhite)
[米] McBride 1号(2回1点 菅野)