• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2012年 表彰選手

2012年6月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

6月度候補選手 パ・リーグ受賞選手

6月度の日本生命・月間最優秀選手(月間MVP)が下記のとおり決まりました。

打者賞

阿部 慎之助
阿部 慎之助 (読売ジャイアンツ)【4度目】
[成績]  試合 20  安打 24  本塁打 6  打点 17  打率 .338

投手賞

前田 健太
前田 健太 (広島東洋カープ)【2度目】
[成績]  試合 5  4勝0敗0S  防御率 0.95

 打者部門は、日本生命セ・パ交流戦のチーム初優勝の勢いをそのままに好調を維持する、読売ジャイアンツの攻守の要・阿部慎之助選手が、自身2010年6月度以来4度目の受賞となりました。選考に際しては、打率(.397)、安打数(29本)の月間2部門でトップとなった広島・岩本貴裕選手と激しく争いましたが、月間リーグトップとなった出塁率(.434)をはじめ、打撃成績の各部門で上位に名を連ね、勝利を引き寄せる勝負強い打撃が光った阿部選手に決まりました。セ・リーグ捕手における4度目の受賞は、古田敦也(元東京ヤクルト)と並んで、捕手のリーグ最多受賞タイとなります。

 投手部門は、広島投手陣の両輪・前田健太投手と大竹寛投手の一騎打ちとなりました。両投手とも4勝負けなしの抜群の成績で、6月度を9勝8敗2分と勝ち越したチームにあって、実にチーム月間勝利の大半となる8勝をこの両輪が挙げました。選考の結果、投球回数、奪三振、自責点、防御率の全てで大竹投手を上回り、惜しくも引き分けとなった6月8日ソフトバンク戦も1失点完投で、月間5勝の可能性もあった前田健投手が自身2010年5月度以来2度目の受賞となりました。広島の若きエースは今シーズン、4月にはノーヒットノーランの快投を演じ、その投球にますます磨きがかかります。

参考

月間個人打撃成績
選手名 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
岩本 貴裕 (広) 19 73 29 3 13 0 .397
天谷 宗一郎 (広) 19 75 28 1 8 3 .373
石川 雄洋 (ディ) 20 80 28 0 9 3 .350
阿部 慎之助 (巨) 20 71 24 6 17 0 .338
バレンティン (ヤ) 15 50 13 8 22 0 .260
月間個人投手成績
選手名 球団 試合 完投 完封 勝利 敗戦 投球回 奪三振 自責点 防御率
前田 健太 (広) 5 1 0 4 0 0 0 38 30 4 0.95
内海 哲也 (巨) 4 1 1 2 1 0 0 28 21 4 1.29
岩田 稔 (神) 3 0 0 2 1 0 0 20 12 3 1.35
大竹 寛 (広) 4 0 0 4 0 0 0 25.1 17 5 1.78

◎阿部選手の表彰式は、7月12日(木)巨人-広島(東京ドーム)の試合前に行われる予定です。
前田健投手の表彰式は未定です。

◎各選手には、
 ☆セントラル野球連盟より記念楯
 ☆日本生命保険相互会社より賞金30万円ならびにトロフィーが贈られます。