• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2020年 表彰選手

2020年6、7月度「大樹生命月間MVP賞」受賞選手 (パシフィック・リーグ)

 セ・リーグ受賞選手

投手部門

涌井 秀章 投手 (東北楽天ゴールデンイーグルス)【4度目】
[成績] 6試合 5勝0敗 投球回37.1 防御率2.89 奪三振41 自責点12

 涌井投手はパ・リーグ初となる3球団での受賞となった(2012年ラミレス選手以来プロ野球二人目。2006年6月、2009年7月に埼玉西武、2016年3、4月に千葉ロッテで受賞)。
 東北楽天移籍後、最初の月となった6、7月度はリーグトップの5勝を挙げた。37.1回を投げ41奪三振で奪三振率はリーグトップの9.88。先発投手陣の中心となり、登板した6試合のうち5試合を2失点以内に抑える安定感のある投球でチームの好成績に大きく貢献した。
 2016年3、4月度以来、4度目の月間MVP賞受賞。

打者部門

柳田 悠岐 外野手 (福岡ソフトバンクホークス)【6度目】
[成績] 37試合 打率.379 47安打 10本塁打 26打点 3盗塁

 柳田選手は6、7月度、チームの全37試合に先発出場し、得点(38)、安打、三塁打(4)、塁打(92)、打率、出塁率(.506)、長打率(.742)の7部門でリーグトップの成績を残した。
 14本の殊勲安打(7先制打、4同点打、2勝ち越し打、1サヨナラ打)を放つなどチャンスに強さを発揮することで打線の中心的役割を果たした。また37試合中、35試合で安打を放つか四球を選ぶことで出塁を果たし、チャンスメークでもチームに大きく貢献。7月にはプロ野球最多記録に並ぶ月間32得点をマークした。
 2018年5月度以来、6度目の月間MVP賞受賞。

表彰式日時

涌井投手 … 8月30日(日)東北楽天-埼玉西武(楽天生命パーク 17:00)の試合開始前。
柳田選手 … 8月26日(水)福岡ソフトバンク-オリックス(PayPayドーム 18:00)の試合開始前。

賞品

・パシフィック野球連盟より記念盾
・大樹生命保険株式会社より賞金30万円とトロフィー