• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 阪神タイガース
  • 読売ジャイアンツ
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • パシフィック・リーグ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2010年プロ野球ファーム日本選手権

開催要項

【主催】 社団法人日本野球機構、新潟日報社
【共催】 BSN新潟放送
【協賛】 e+(イープラス)
【後援】 新潟県、新潟県教育委員会(予定)、財団法人新潟県体育協会、新潟市、新潟市教育委員会、新潟市体育協会、新潟商工会議所、新潟経済同友会、新潟県野球協議会、アルビレックス新潟・都市緑花センターグループ
【中継】 Jsports ESPN(12:40~ 完全中継)、BSN新潟放送(録画)

日程および開催球場

日時 10月2日(土)試合開始 13:00
予備日 10月3日(日)試合開始 13:00
対戦 ウエスタン・リーグ優勝チーム(一塁側) 対 イースタン・リーグ優勝チーム(三塁側)
球場 HARD OFF ECOスタジアム新潟
  1. 出場チームはイースタン、ウエスタン両リーグの優勝チーム。
  2. 延長回の制限はなし。
  3. ホーム・チームはウエスタン・リーグ優勝チーム。(毎年交互)
  4. DHルールの採用はファーム公式戦に準じる。
    中日、阪神、広島東洋が出場の場合、DH制を採用しない。
    オリックス、福岡ソフトバンクが出場の場合、DH制を採用する。

試合日の時間割

(1)開門および試合挙行決定の立会(予備日開催の場合も同じ)
開門 11:00
立会 9:00
立会者 イースタン、ウエスタン両リーグ委員長もしくは両リーグ統括、出場球団代表、出場審判員

※観客の状況または天候により、所定時刻の前後に開門することがあります。

(2)試合前の時間割
打撃練習 ホーム・チーム 10:10 ~ 11:10 (60分)
ビジター・チーム 11:10 ~ 12:10 (60分)
守備練習 ビジター・チーム 12:15 ~ 12:25 (10分)
ホーム・チーム 12:25 ~ 12:35 (10分)
グラウンド整備   12:35 ~ 12:45 (10分)
開会式   12:45 ~ 12:55 (10分)
前日練習
時間 10月1日(金)13:00~17:00
場所 HARD OFF ECOスタジアム新潟

ベンチ入り人数

試合のため、ベンチに入ることができる人員は以下の通りとする。
監督 1名
コーチ 5名
選手 25名
マネジャー 1名
トレーナー 1名
広報担当または用具係 1名
通訳(必要とする場合) 1名

出場資格者

(1)選手

8月31日現在支配下選手ならびに育成選手として引き続き登録されており、下記のいずれかの条件を満たす者

  • 本年度支配下登録された新人選手(育成選手も含む)
  • 本年度1度も出場選手登録されていない選手
  • 本年度出場選手登録された選手の出場規定は9月28日(出場資格者名簿提出前日)時点で以下の規定を満たしている選手
      投手 打者
    イースタン・リーグ 25イニング以上出場 87打席以上出場
    ウエスタン・リーグ 24イニング以上出場 84打席以上出場

    9月28日時点で出場球団の1軍公式戦日程が終了している場合も同規定を適用
    ※ファーム日本選手権出場規定算出方法 (小数点以下は切り捨て)

    • 打者 = { 規定打席 (試合数×2.7) × 0.3 }
      投手 = { 規定投球回 (試合数×0.8) × 0.3 }
    • イースタン・リーグ試合数 = 108試合
      ウエスタン・リーグ試合数 = 104試合
  • 本年度ファーム公式戦にて、出場試合数が20試合以上の選手
    ※ラインアップに同時に入れることができる外国人選手(育成選手を含む)の人数は投手1名、野手3名以内とする。
    ※育成選手(外国人育成選手を含む)は本試合において5名まで出場することができる。
(2)監督・コーチ

監督1名、コーチ5名
(セ・パ各所属リーグに登録及びイースタン・ウエスタン各所属リーグに登録承認された者)
※ブルペンに専任コーチ(1名)が規定の人数以外で必要な場合、申請があれば認める。

(3)出場資格者名簿

出場球団は監督・コーチ・マネジャー等を含む全出場資格者名簿を、9月29日(水)正午までに所属リーグを通じて日本野球機構に提出する。日本野球機構は当日それを公示する。名簿に記載することができる選手は上記規定を満たした40名までとし、公示後の変更はできない。
※当日のベンチ入りメンバーは公式打順表と合わせて試合前に交換する。

開会式次第

  1. 選手入場
  2. 国歌演奏
  3. 花束贈呈
  4. 始球式

閉会式次第

  1. 選手整列
  2. コミッショナー表彰
    ・優勝チームにペナント、チャンピオンフラッグ、両チームに出場球団資金
  3. 個人表彰 (選考者: 両リーグ統括)
    ・最優秀選手 1名 (社団法人日本野球機構よりトロフィー、賞金50万円、ミズノ株式会社より副賞)
    ・優秀選手 4名 (社団法人日本野球機構よりトロフィー、賞金20万円)
    ※ホームラン賞 (株式会社シミズオクトより賞金。表彰は試合中に行う。)