• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 阪神タイガース
  • 読売ジャイアンツ
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • パシフィック・リーグ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

マイナビオールスターゲーム2022

ゲームリポート

第1戦 2022年7月26日(火)
福岡PayPayドーム

9回二死から清宮幸太郎のサヨナラ本塁打で、パ・リーグがセ・リーグに劇的勝利

 7月26日、2016年以来6年ぶりに福岡PayPayドームで「マイナビオールスターゲーム2022」第1戦が行われた。

 試合に先立って行われたホームランダービーでは初戦で牧秀悟(DeNA)と柳田悠岐(ソフトバンク)、大山悠輔(阪神)と山川穂高(西武)が対戦。それぞれ柳田、山川が勝ち抜き、準決勝では柳田が7本のアーチを架け、3本の山川を圧倒して決勝進出を決めた。

 先発マウンドに上がったのはパ・リーグが3年目左腕・大関友久(ソフトバンク)、セ・リーグはリーグトップの11勝、防御率1.37をマークする青柳晃洋(阪神)。初回、セは先頭の塩見泰隆(ヤクルト)が初球を左前打するとすかさず二盗を決める。その後、無死二、三塁になると三番・牧の左犠飛で塩見が先制のホームを踏んだ。2回もセは先頭のビシエド(中日)がパ2番手・山岡泰輔(オリックス)の初球、真ん中低め148キロ直球をとらえ右翼のホームランテラスへ。「3回目のオールスターゲームで初めてホームランを打てたから本当にうれしいよ」と興奮を隠せない助っ人大砲の一発でセは追加点を挙げた。一方、パは2回、四番の山川が青柳の真ん中ツーシームを豪快に振り抜き、左翼席へソロ。山川は「ファンの方とまた『どすこい』ができたことがうれしかったです!」と笑顔を見せた。

 3、4回はパの3番手・則本昂大(楽天)、4番手・本田圭佑(西武)がセ打線をゼロに抑える。パ打線は4回、セ2番手の戸郷翔征(巨人)を一死一、三塁と攻め立てたが、グラシアル(ソフトバンク)は遊直、宗佑磨(オリックス)は左飛に倒れて、得点を奪えない。5回にマウンドに上がったパ5番手の小野郁(ロッテ)は150キロ超の直球を軸に快投を見せる。中野拓夢(阪神)はスライダー、塩見は157キロ直球、近本光司(阪神)はスライダーで3者連続空振り三振を奪った。続く6回にもパ6番手の平良海馬(西武)が力投。山田哲人(ヤクルト)を空振り三振、小園海斗(広島)を遊飛に仕留めると、大山に対してはカウント1―2からの4球目、この試合最速の158キロ直球で空振り三振に。「今日の出来は100点ですね!」と満足気な剛腕はベンチ裏で則本や山岡から、「平良エグい!!」と褒められ照れた表情を浮かべた。

 パ打線は6回、セ4番手の伊勢大夢(DeNA)から二死満塁のチャンスをつかむ。ここで打席に入った宗が伊勢の直球を狙い打ち、中前適時打で2対2の同点に。球宴初ヒットの宗は「オールスターに出られていること自体、信じられないと言いますか、夢みたいです。一流の方たちとの試合の中で打てたので、めちゃくちゃうれしいです!」と喜びを語った。

 試合は終盤へ突入。しかし、両軍の投手が力投を続ける。7回はパ7番手の益田直也(ロッテ)、セ5番手の湯浅京己(阪神)、8回はパ8番手のモイネロ(ソフトバンク)、セ6番手の森下暢仁(広島)がゼロに抑えて9回へ。最終回もパ9番手の松井裕樹(楽天)が3者凡退で切り抜け、セは2イニング目の森下が簡単に二死を取ったが最後にドラマが待っていた。打席には清宮幸太郎(日本ハム)。カウント1―2からの5球目、真ん中低め154キロ直球をジャストミートした当たりは左中間のホームランテラスに飛び込むサヨナラ本塁打。オールスターでは1986年第3戦で吉村禎章(巨人)が放って以来の劇的弾でパが3対2で勝利した。

 最優秀選手賞(MVP)は勝負を決める一発を放った清宮が受賞。「入るとは思わなかったので、自分が一番びっくりしています。ホームランをめちゃめちゃ狙っていました。森下さんがずっと真っすぐを投げてくださっていたので、フルスイングで応えようと思っていました。最高の思い出ですね」と清宮は最高の笑顔で喜びを表した。

 敢闘選手賞は本塁打を放った山川、ビシエド、そして6回に同点打を放った宗が受賞。山川はマイナビ賞にも選ばれた。一流の技と技がぶつかり合った夢の球宴。「マイナビオールスターゲーム2022」第2戦は7月27日、松山・坊っちゃんスタジアムで行われる。

マイナビオールスターゲーム2022 第1戦

2022年7月26日(火)
福岡PayPayドーム ◇開始 19:05 (2時間40分) ◇入場者35,534人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
セントラル・リーグ 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2 5 1
パシフィック・リーグ 0 1 0 0 0 1 0 0 1x 3 9 0
バッテリー
[セ] 青柳(T)、戸郷(G)、高橋(S)、伊勢(DB)、湯浅(T)、●森下(C) - 木下(D)、小林(G)
[パ] 大関(H)、山岡(B)、則本(E)、本田(L)、小野(M)、平良(L)、益田(M)、モイネロ(H)、○松井裕(E) - 森(L)、松川(M)
本塁打
[セ] ビシエド(D)(2回ソロ 山岡)
[パ] 山川(L)(2回ソロ 青柳)、清宮(F)(9回ソロ 森下)