• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 阪神タイガース
  • 読売ジャイアンツ
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • パシフィック・リーグ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

マイナビオールスターゲーム2022

ゲームリポート

第2戦 2022年7月27日(水)
松山・坊っちゃんスタジアム

“清宮バット”で柳田悠岐が勝ち越しホームラン、パは球宴史上最多11人継投でセの反撃を許さず

 7月27日、松山・坊っちゃんスタジアムで「マイナビオールスターゲーム2022」第2戦が行われた。松山での開催は2012年以来10年ぶり。試合前から球場はファンの熱気に包まれた。

 第1戦に続いて行われたホームランダービーでは、初戦で佐藤輝明(阪神)と浅村栄斗(楽天)、村上宗隆(ヤクルト)とレアード(ロッテ)のマッチアップ。それぞれ2本対1本、3本対2本で浅村、レアードが勝ち抜いた。準決勝は3本対2本でレアードが浅村を破り、決勝へ。第1戦で決勝進出を決めていた柳田悠岐(ソフトバンク)との対決は4対3でレアードが制して、“ホームランダービー王者”に輝いた。

 セ・リーグの先発は自己最多の8勝をマークしている左腕・床田寛樹(広島)。いきなり一死一、二塁のピンチを背負ったがレアードを三ゴロ併殺打に仕留めてゼロで切り抜けた。パ・リーグは今年4月10日のオリックス戦(ZOZOマリン)で28年ぶりの完全試合、プロ野球記録の13者連続奪三振をマークした注目の佐々木朗希(ロッテ)が先発マウンドへ。直球一本やりで一死満塁と攻め立てられた佐々木朗は佐藤輝に左犠飛を打たれ1点を失う。だが、佐々木朗は2014年の大谷翔平(現エンゼルス)に並ぶ球宴日本人タイの162キロをマークと剛腕を披露。「ストレート勝負を期待されていたと思うので、そういうところを見せることができて良かったとは思いますが、なかなかストレートだけで抑えるのは難しいですね(笑)」と初々しい笑顔を浮かべた。

 1点を追うパは2回に床田から一死二、三塁のチャンスをつかむと、佐々木朗の女房役・松川虎生(ロッテ)が外角高めのパームボールを右前へ適時打。1対1の同点に追いついた。佐々木朗は1イニングのみで降板し、2回は本田圭佑(西武)が2試合続けて登板。本田は走者を出しながら得点を許さない。セ2番手の大野雄大(中日)も3回からの2イニングをパーフェクト投球。パは3回から3番手の山本由伸(オリックス)、4番手の東浜巨(ソフトバンク)、5番手の小野郁(ロッテ)が1イニングずつ無失点、セ3番手の伊藤将司も5回をゼロに抑えた。

 膠着状態が続いていたが、6回一死から柳田がセ4番手の岩崎優(阪神)が投じた初球、外角低め141キロ直球を左翼席へ。技術とパワーを兼ね備えた芸術的な一撃でパが2対1と勝ち越し。柳田は「真っすぐをしっかりとらえることができました。昨日の清宮君の勢いにあやかり、清宮君のバットを借りて打席に入りました。清宮君のおかげでホームランを打つことができたと思います。清宮君ありがとう。ホームランダービーでも最高のパートナーでした。清宮フィーバー!」と第1戦でサヨナラアーチを架けてMVPに輝いた清宮幸太郎(日本ハム)に感謝した。

 2対1のまま迎えた8回には8番手の伊藤大海(日本ハム)がパのマウンドへ。坂倉将吾(広島)を右飛、佐藤輝を見逃し三振に仕留めると、続くビシエド(中日)の初球に球速測定不能の超スローボールを山なりに投じてストライク。2球目は同じ球が外角低めに外れてボール。カウント1-1からの3球目も再び超スローボールを投じたが、真ん中高めへの1球をビシエドがフルスイングでとらえる。打球は左翼方向に上がり同点弾かと思われたが、あとひと伸びが足りずに左飛に終わった。

 最終回にマウンドに上がったセ7番手のマクガフ(ヤクルト)は危なげなくパ打線を三者凡退に抑える。パは9回、豪華な“守護神リレー”を見せた。まず9番手のモイネロ(ソフトバンク)が小林誠司(巨人)を見逃し三振に仕留めると、10番手の松井裕樹(楽天)にスイッチ。松井裕が中野拓夢(阪神)から空振り三振を奪うと、この回3人目のマウンドは11番手の益田直也(ロッテ)。ベテラン右腕は連打を浴びて一、二塁とされたが、最後は佐野恵太(DeNA)を投ゴロに打ち取ってゲームセット。パが球宴史上最多の11人継投でセの反撃を許さず、2対1で連勝を飾った。

 最優秀選手賞(MVP)を獲得したのは勝ち越しホームランを放った柳田。「狙ってはいなかったんですけど……狙っていました!」と晴れ晴れとした表情を見せた。敢闘選手賞には高卒新人ながら同点打をたたき出した松川、2イニングを完璧に抑えた大野雄、2安打を放った村上が選出。村上はマイナビ賞にも選ばれた。

 通算成績はパの88勝80敗11分。1点を争う好ゲームに松山のファンも大満足の1日だった。

マイナビオールスターゲーム2022 第2戦

2022年7月27日(水)
松山・坊っちゃんスタジアム ◇開始 18:35 (2時間43分) ◇入場者 25,230人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
パシフィック・リーグ 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 9 1
セントラル・リーグ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 10 0
バッテリー
[パ] 佐々木朗(M)、本田(L)、山本(B)、東浜(H)、○小野(M)、水上(L)、岸(E)、伊藤(F)、モイネロ(H)、松井裕(E)、(S)益田(M) - 松川(M)、森(L)
[セ] 床田(C)、大野雄(D)、伊藤将(T)、●岩崎(T)、栗林(C)、R.マルティネス(D)、マクガフ(S) - 中村(S)、小林(G)
本塁打
[パ] 柳田(H)(6回ソロ 岩崎)