• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2011年 表彰選手

2011年7月度「JA全農Go・Go賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

7月度候補選手 パ・リーグ受賞選手

 セントラル・リーグの“JA全農Go・Go賞”7月度の「救援賞」(Wedge Up賞)は、広島東洋・デニス・サファテ投手が受賞しました。

 サファテ投手には連盟より記念品、JA全農(全国農業協同組合連合会)より賞金30万円と、副賞として「安心安全な国産農畜産物」が贈られます。

 7月度のテーマ「救援賞」は7月度に行われた試合での全救援投手を対象に、セーブ=1ポイント、救援勝利=0.5ポイント、ホールド=0.5ポイントを与え、その合計ポイントが最も高い投手に贈られるものです。

 サファテ投手は7月中、11試合にリリーフ登板し、9セーブを記録。リーグ月間最高の9ポイントを記録し、「JA全農Go・Go賞」の初受賞が決定しました。広島球団からの「救援賞」の受賞は、2006年・永川勝浩投手以来です。

 表彰式は、未定です。

(参考)7月度「救援賞」 ポイントランキング
選手名 球団 セーブ
(×1ポイント)
救援勝利
(×0.5ポイント)
ホールド
(×0.5ポイント)
合計ポイント
D.サファテ (広) 9(9.0) 0(0.0) 0(0.0) 9.0
藤川 球児 (神) 5(5.0) 2(1.0) 0(0.0) 6.0
久保 裕也 (巨) 3(3.0) 0(0.0) 4(2.0) 5.0
林 昌勇 (ヤ) 4(4.0) 1(0.5) 1(0.5) 5.0
T.バーネット (ヤ) 0(0.0) 0(0.0) 9(4.5) 4.5

 8月度の“JA全農Go・Go賞”は「最多盗塁阻止賞(Rifle Arm賞)」です。