• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2011年 表彰選手

2011年5月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

5月度候補選手 パ・リーグ受賞選手

5月度の日本生命・月間最優秀選手(月間MVP)が下記のとおり決まりました。

打者賞

W.バレンティン (東京ヤクルト)  【初受賞】
[成績] 20試合  本塁打 7  打点 14  打率 .397

投手賞

内海 哲也 (読売)  【2度目】
[成績] 4試合  4勝0敗0S  完封 1  防御率 0.99

 打者部門は、4月度受賞の宮本選手に続いて、東京ヤクルトからウラディミール・バレンティン選手が初受賞となりました。 バレンティン選手は、5月のチーム全試合に出場し4割に迫る高打率をマーク、本塁打は横浜・村田選手と並んでリーグトップの7本を記録しました。また長打率(.767)、出塁率(.450)でもリーグトップの好成績となりました。 5月のチーム成績は9勝9敗2分でしたが、勝ち試合の打率は「.656」、勝利に結び付かなかった試合の打率は「.195」で、まさにバレンティン選手の打撃が勝敗の鍵を握っていると言っても過言ではありません。特に5月13日対横浜4回戦(横浜)の1試合3本塁打は圧巻でした。

 投手部門は、1完封を含む4勝負けなしで月間最多勝となった巨人・内海哲也投手が、自身2009年9月の受賞以来、2回目の受賞となりました。 内海投手の5月の投球は、防御率1点台を切る安定した内容で、5月のチーム勝ち越し(12勝11敗)に大きく貢献しました。 6月5日現在、日本生命セ・パ交流戦におけるセ・リーグ唯一の完封勝利となった5月28日対千葉ロッテ戦(QVCマリン)の投球は、それまでの3試合が6回~6回1/3での降板で後続投手に託す格好となっておりましたが、唐川投手との息詰まる投げ合いに一歩も引かず、今シーズン自身初の2ケタ奪三振(10奪三振)と併せて、気迫溢れる投球は見事でした。巨人投手の受賞は、2010年3、4月・東野以来です。

参考

月間個人打撃成績
選手名 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
バレンティン (ヤ) 20 73 29 7 14 1 .397
荒木 雅博 (中) 21 86 33 1 10 5 .384
平野 恵一 (神) 20 71 24 0 6 0 .338
青木 宣親 (ヤ) 20 80 25 0 5 1 .313
村田 修一 (横) 24 96 28 7 16 0 .292
月間個人投手成績
選手名 球団 試合 完投 完封 回数 三振 自責 防御率
内海 哲也 (巨) 4 1 1 4 0 0 0 27.1 20 3 0.99
館山 昌平 (ヤ) 4 1 0 2 1 0 0 27.1 22 4 1.32
吉見 一起 (中) 4 0 0 3 1 0 0 28.1 16 6 1.91
川井 雄大 (中) 4 0 0 3 0 0 0 22.2 11 5 1.99
由規 (ヤ) 4 1 0 3 1 0 0 31 33 7 2.03

◎バレンティン選手の表彰式は、6月18日(土)東京ヤクルト-千葉ロッテ戦(神宮)の試合前に行われる予定です。
内海哲也投手の表彰式は、6月14日(火)読売-埼玉西武戦(東京ドーム)の試合前に行われる予定です。

◎各選手には、
 ☆セントラル野球連盟より記念楯
 ☆日本生命保険相互会社より賞金30万円ならびにトロフィーが贈られます。