• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 読売ジャイアンツ
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • オリックス・バファローズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2022年 表彰選手

2022年6月度「大樹生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

パ・リーグ受賞選手

投手部門

小川 泰弘 投手 (東京ヤクルトスワローズ)【3度目】
[成績] 4試合 3勝0敗 投球回29 防御率1.55 奪三振16 自責点5

 投手部門は、東京ヤクルトスワローズ・小川泰弘投手が2018年6月度以来3度目の受賞。
 小川投手は、先発として4試合に登板し、リーグトップタイの3勝、防御率1.55(リーグ2位)、投球回29回(リーグ2位)と好成績を残し、4試合中3試合でクオリティ・スタート(6回以上自責点3以下)を記録するなど安定した投球を見せた。特に6月3日対埼玉西武1回戦(神宮)では、5回先頭の打席でソロ本塁打を放ち、そのまま8回を無失点に抑え1対0で勝利した。セ・パ交流戦での投手による本塁打は、通算8本目となるが、セ・リーグ投手による本塁打は初めてであった。また、21日対中日9回戦(バンテリンドーム)ではチームは敗れたものの、中日打線を9回2安打1失点に抑えた。チームも月間19勝4敗と圧倒的な強さで首位をキープし、リーグ連覇にむけて大きな弾みとなった。
 投手部門での東京ヤクルトからの受賞は、2019年8月度受賞のD.ブキャナン投手以来。

打者部門

村上 宗隆 内野手 (東京ヤクルトスワローズ)【2度目】
[成績] 23試合 打率.410 34安打 14本塁打 35打点 5盗塁

 打者部門は、東京ヤクルトスワローズ・村上宗隆選手が2020年6、7月度以来2度目の受賞。
 村上選手は、月間全23試合にチームの4番打者として先発出場し、リーグトップの14本塁打、35打点、長打率.940、出塁率.515で首位を独走するチームを牽引した。6月24日対読売10回戦(神宮)では、2020年6月19日対中日戦から続く332試合連続で先発4番出場。A.ラミレスの331試合を上回り、球団新記録となった。月間14本塁打は自身最多で、月間5度のマルチ本塁打を記録した中で、23日対中日11回戦(バンテリンドーム)、翌24日対読売10回戦(神宮)では、自身初の2試合連続マルチ本塁打を記録した。月間35打点は、セ・リーグ歴代3位タイの記録となる。
 打者部門での東京ヤクルトからの受賞は、自身が受賞した2020年6、7月度以来。

表彰式日時

小川投手 … 未定
村上選手 … 未定

賞品

・セントラル野球連盟より記念盾
・大樹生命保険株式会社より賞金30万円とトロフィー