• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズン

第5節 セ・リーグ 試合結果

2021年1月5日(火) DeNA-阪神 第1試合(クラウン)
  1 2 3 4 5 H E
阪 神 1 0 0 0 0 1 4 0
横浜DeNA 0 0 0 1 0 1 7 0
【バッテリー】
[T] 小野、才木、島本、岩崎、守屋 - 梅野、岡﨑
[DB] 今永、上茶谷、国吉、三嶋 - 伊藤光、嶺井
出場プレイヤー
[T] 岸川虎太朗
[DB] 大茂英寿
戦評

リーグ優勝を争うDeNAと阪神の対戦。この試合はドロー決着となり、優勝の行方は持ち越しとなった。
勝てばリーグ優勝が決まるDeNA・大茂は先発に“阪神キラー”の特殊能力を持つ今永を起用。しかし1回表、阪神・岸川が2者連続の2ベースを放ち、優勝に向けて負けられない阪神が先制する。
このリードを守り切りたい阪神だったが、初回から先頭打者の出塁を許し常にランナーを背負った状態での投球が続く。3回裏に迎えた無死1、3塁は無失点に抑えたが、4回にも同じく無死1、3塁のピンチを迎えると、ソトの併殺打の間にDeNAが同点に追いついた。その後は両チームともに勝ち越しを目指して代打攻勢を仕掛けたが、お互いにリリーフ陣が守り切り得点は生まれず。試合は引き分けに終わった。
DeNA・大茂はこの試合でも二つの三振を奪い、今季13奪三振で自身3年連続となる最多奪三振ランキングトップで終えた。阪神・岸川は粘りを見せたが、4敗1分と今季初白星はならなかった。

2021年1月5日(火) 中日-広島 第1試合(ナゴヤドーム)
  1 2 3 4 5 H E
広島東洋 0 0 0 0 0 0 2 0
中 日 0 0 0 0 0 0 4 0
【バッテリー】
[C] ケムナ、中村恭、九里、永川 - 會澤、石原
[D] 福谷、与田 - 加藤
出場プレイヤー
[C] 山本慧
[D] 菅原翔太
戦評

セ・リーグ第5節、広島と中日の対戦。OB選手として登場したピッチャーが活躍し、引き分けに終わった。
今季初勝利を狙う中日・菅原はこの第5節で2試合に出場。1試合目で勢いをつけたいところだったが、初回、2回と得点圏にランナーを進めながらもホームが遠く得点を挙げられない。守備からリズムを作るべく、4回途中からOB選手の与田をマウンドに送り広島打線を無得点に抑え攻撃へのリズムを作ったが、対する広島・山本も最終回にOBの永川を起用し、自在なフォークで菅原を手玉に取った。試合は結局このまま無得点で終了し、両チーム合わせて6安打と、投手陣の好投が光るドロー決着となった。
中日・菅原は序盤のチャンスが生かせず、今季まだ無得点とホームが遠いシーズンが続く。
ルーキーの広島・山本はこれで1勝3敗1分となったが、シーズン通算でナイスピッチ率75%と持ち味の投球では一定の手ごたえを感じさせるシーズンとなった。

2021年1月5日(火) ヤクルト-巨人 第1試合(神宮)
  1 2 3 4 5 H E
読 売 0 0 2 0 1 3 5 0
東京ヤクルト 0 0 0 1 0 1 3 0
【バッテリー】
[G] 菅野、ビエイラ、デラロサ - 阿部、炭谷
[S] 寺島、梅野、平井、星、長谷川、マクガフ - 西田
【本塁打】
[G] 坂本(3回2ラン)、丸(5回ソロ)
[S] 青木(4回ソロ)
出場プレイヤー
[G] 舘野弘樹
[S] 高良匡史
戦評

巨人とヤクルトの対戦は、両チームから“強振”を信条とするプレイヤーが出場。ともにホームランのみで得点を奪った試合は、巨人が勝利した。
巨人・舘野はOB選手の阿部を3番捕手で起用し、厚みを増した打線で試合に臨む。すると3回表、2番に据えられた坂本がナイスピッチで投じられた全力ストレートを豪快に弾き返す2ランホームランを放ち、貴重な先制点を挙げた。
追いかける展開となったヤクルト・高良も4回裏、青木の完璧なソロホームランで1点を返すと、なおも1死1、2塁と絶好の逆転機を迎えたが、塩見が遊ゴロ併殺に倒れ無得点に。ピンチを脱した巨人は5回表、丸がソロホームランを放ち再び2点差とすると、最終回はデラロサがヤクルト打線を3人で抑え、逃げ切りに成功。両チーム“ミート打ち”を使用しない強気のプレーがぶつかりあった試合は巨人が勝利し、eCS出場を争う上で大きな白星を手にした。
巨人・舘野はこれで3勝2敗1分となり、開幕2連敗から勝ち越しへと立て直しに成功。対するヤクルト・高良は先に得点を許す試合が続き1勝4敗と苦しいシーズンとなった。