• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズン

第5節 セ・リーグ 試合結果

2021年1月9日(土) DeNA-阪神 第3試合(横浜)
  1 2 3 4 5 H E
阪 神 0 0 0 1 5 6 9 1
横浜DeNA 2 0 0 1 0 3 7 0
【バッテリー】
[T] 西純、福原、高野、才木、岩崎、齋藤 - 梅野
[DB] 濵口、三浦、エスコバー、三嶋、山﨑康、坂本 - 伊藤光、髙城
出場プレイヤー
[T] 脇直希
[DB] 河合祐哉
戦評

DeNAと阪神の第3回戦は阪神が勝利。優勝こそ逃した阪神だったが、ポストシーズンへ向けて意地の白星を挙げた。
先制したのはDeNA・河合。1回裏にOB選手の田代でタイムリーを放つなどして2点を先制すると、投げても先発の濵口からOB選手の三浦へリリーフするなど総力を投入して最終戦の白星を狙う。
対する阪神・脇はDeNA投手陣の前に4回まで犠牲フライの1点に抑えられる展開となったが、5回表に反撃を開始。先頭の代打・マルテで2ベースヒットを放つと、連続の代打攻勢で糸原のタイムリーヒットを生み出し1点を返す。なおも続くチャンスでは立て続けにランナーをスタートさせる奇襲作戦で相手のペースを乱し、この回一挙5得点と逆転に成功。ビッグイニングを作り、勝利を掴んだ。
勝利した阪神・脇は6試合目の出場で5勝1敗と、チームを牽引する戦績でフィニッシュ。敗れたDeNA・河合は相手の足を絡めた作戦を止められず、2勝2敗1分の成績でレギュラーシーズンを終えた。

2021年1月9日(土) 広島-中日 第3試合(マツダスタジアム)
  1 2 3 4 5 H E
中 日 0 0 2 0 2 4 10 0
広島東洋 1 0 0 0 0 1 4 0
【バッテリー】
[D] 大野雄大、藤嶋、与田、R.マルティネス、木下雄 - 木下拓、加藤
[C] 大瀬良、永川、中村恭、フランスア - 會澤
【本塁打】
[D] 堂上(5回2ラン)
出場プレイヤー
[D] 岡久将吾
[C] 倉前俊英
戦評

中日と広島の第3回戦は、中日が勝利しこのカードの戦績を1勝1敗1分の五分とした。
OB選手の起用が明暗を分けた。初回に堂林の先制タイムリーヒットで1点を先行した広島・倉前は3回表、OB選手の永川をマウンドへ送り逃げ切り体勢に入る。しかしここを中日・岡久が攻め立て、2種類のフォークボールを巧みに弾き返してチャンスメイクすると、福田で2点タイムリーを放ち、逆転に成功した。
すると3回裏、今度は中日サイドがOB選手の与田を投入すると、これが的中。強打を誇る広島・倉前の打線を2イニング連続でシャットアウトすると、5回表には堂上にダメ押しの2ランホームランが飛び出しスコアは4対1に。最後は小刻みな継投で締め、中日が逆転勝ちを収めた。
勝利した中日・岡久は志願の出場となった6戦目を白星で飾り、今季3勝2敗1分と勝ち越しでシーズンを終了。敗れた広島・倉前は投球面で安定した数字を残せず、今季を1勝4敗で終えた。

2021年1月9日(土) ヤクルト-巨人 第3試合(クラウン)
  1 2 3 4 5 H E
読 売 0 1 1 1 0 3 6 0
東京ヤクルト 1 2 0 0 0 3 6 1
【バッテリー】
[G] 今村、鍵谷、畠、ビエイラ、菅野 - 小林、炭谷
[S] 奥川、マクガフ、高津、石山、梅野、石山 - 西田、中村
出場プレイヤー
[G] 高川健
[S] 渡部隼人
戦評

勝てば3連勝で2位浮上となる巨人だったが、ヤクルトとの一戦は引き分けに終わり、3位でシーズンを終える結果となった。
先手を取ったのはヤクルト・渡部。1回裏に廣岡のタイムリーヒットで先制すると、同点とされた直後の2回裏には代打・中山に2点タイムリーが飛び出し、3対1とリードを広げる。
しかし追いかける巨人・高川も3回表に岡本の内野ゴロの間に1点を返すと、4回にも相手のエラーからウィーラーの内野ゴロで1点を挙げて同点に追いつく。その後は両チームともにランナーを出すことが出来ず。試合はそのまま終了し、3対3の引き分け決着となった。このカードは巨人の2勝1分となり、巨人の3位が確定した。
巨人・高川はこれで2勝2敗1分の勝率五割でシーズン終了。ヤクルト・渡部は1勝2敗2分となり、ルーキーイヤーは負け越しでのフィニッシュとなった。