• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2020年プロ野球ファーム日本選手権

ゲームリポート

楽天が球団創設16年目で初のファーム日本一

 11月7日、ひなたサンマリンスタジアム宮崎で、「2020年プロ野球ファーム日本選手権」が開催された。ファームの日本一を懸けた大一番に臨んだのは、昨年と同カードとなるソフトバンクと楽天。それぞれがウエスタン、イースタンでリーグ連覇を果たしている。ソフトバンクの日本一連覇か、楽天が昨年の雪辱を果たし初の頂点に立つか。注目の一戦となった。

 ソフトバンクは左腕の大竹耕太郎、楽天は西口直人の先発で試合がスタートする。楽天は初回、村林一輝の右線二塁打で好機を作ると、黒川史陽の一ゴロをリチャードが後逸し、先制点を奪う。その裏、ソフトバンクもすぐさま反撃し、上林誠知、真砂勇介の連続適時打で逆転に成功し、リチャードの中前へポトリと落ちるラッキーな適時打で3点目。初回から試合が動いた。

 2点を追いかける楽天は2回、堀内謙伍の中越え三塁打、オコエ瑠偉の左前適時打で1点を返す。さらに二死一、三塁から村林の右前適時打で同点に追いついた。これで勢いづくと4回、吉持亮汰の右越え二塁打と犠打で一死三塁の好機を作る。そして村林がこの日3本目の安打となる中前適時打を放ち、勝ち越しに成功する。大竹は8安打4失点と振るわず、この回途中で降板となった。

 初回に35球を要した西口だったが、捕手・堀内の好リードもあり、チェンジアップを有効に使って尻上がりに調子を上げていく。5回、そして球数が100球に到達した6回も3者凡退に抑え、先発の役割を果たした。すると7回に楽天打線が奮起。一死一塁の場面で、ソフトバンクの二番手・津森宥紀から四番・下水流昂が値千金の2ラン。リードを3点に広げた。

 ソフトバンクはその裏の二死二塁で西田哲朗が池田駿から左前適時打で1点を返すが、反撃はここまで。楽天は8回の池田隆英を経て、9回のマウンドにはクローザー釜田佳直が登場。最後の打者・海野隆司のファウルフライを二塁手の黒川がつかみ、球団初の日本一が決定。マウンド付近に歓喜の輪が広がった。楽天が11安打、ソフトバンクが10安打の打撃戦となったが、好機を見逃さずに得点を重ねた楽天が、6対4と2点差で逃げ切る結果となった。

 昨季のイースタン覇者となったチームを引き継ぎ、就任1年目にしてリーグ連覇、初の日本一へと導いた奈良原浩二軍監督は、リーグ優勝時と同じく、選手たちの手により3度宙に舞った。「(先発の)西口は初回こそ緊張していたが、2回以降は彼本来のピッチングをしてくれ、安心して見ていられた。選手が日々、自分の課題に取り組んだ成果を発揮できてうれしい」と喜びを口にした。

 最優秀選手には、4回の決勝打に加えて9回にも左翼へ二塁打を放ち、4安打2打点の大暴れを見せた楽天の村林が選ばれた。「積極的にいけたことがいい結果につながった。今年はファームにいる時間が長く、みんなで勝ちたいと、一丸となって戦った。来年はここにいるメンバーが一軍で活躍できるように頑張りたい」と語った。そして優秀選手には、6回8安打3失点で勝ち投手となった楽天の西口、捕手として4投手をリードし、打っても3安打と奮闘したソフトバンクの海野が選ばれている。

2020年プロ野球ファーム日本選手権

2020年11月7日(土)
宮崎 ◇開始 13:02 (3時間8分) ◇入場者 4,215人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
東北楽天ゴールデンイーグルス 1 2 0 1 0 0 2 0 0 6 11 0
福岡ソフトバンクホークス 3 0 0 0 0 0 1 0 0 4 10 3
バッテリー
【楽】 西口池田駿池田隆(S)釜田 ‐ 堀内
【ソ】 大竹津森松田遼田中 ‐ 海野
本塁打
[楽] 下水流 (7回2ラン 津森)