• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

マツダオールスターゲーム2011

ゲームリポート(第3戦)

第3戦 2011年7月24日(日) 日本製紙クリネックススタジアム宮城

 「マツダオールスターゲーム2011」は24日、日本製紙クリネックススタジアム宮城で第3戦が行われ、パ・リーグが5-0で快勝、通算対戦成績を77勝71敗9分としました。

 パ・リーグは初回、稲葉篤紀選手(北海道日本ハム)の2ランで先制すると、3回にも稲葉選手がタイムリーを放ち加点、さらにT-岡田選手(オリックス)の本塁打などでリードを広げました。 先発の田中将大投手(東北楽天)からダルビッシュ有投手(北海道日本ハム)、和田毅投手(福岡ソフトバンク)らとつなぐ8投手のリレーで、セ・リーグを完封しました。

 最優秀選手賞(MVP)には稲葉選手、敢闘選手賞には渡辺直人選手(横浜)とT-岡田選手が選ばれました。 また、『3試合を通じて、さらなる高みへ挑戦し、無限の可能性を感じさせ、日本中のファンに夢や希望を与えた選手』に贈られる「SKYACTIV TECHNOLOGY賞」には斎藤佑樹投手(北海道日本ハム)が選ばれました。

マツダオールスターゲーム2011 第3戦

2011年7月24日(日)
Kスタ宮城 ◇開始 12:37 (2時間35分) ◇入場者 21,347

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
セントラル・リーグ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 10 1
パシフィック・リーグ 2 0 1 1 0 1 0 0 X 5 11 0
[セ] ●由規(S)、山口(YB)、バリントン(C)、内海(G)、江尻(YB) - 石原(C)、阿部(G)
[パ] ○田中(E)、ダルビッシュ(F)、和田(H)、攝津(H)、斎藤佑(F)、森福(H)、増井(F)、岸田(Bs) - 嶋(E)
本塁打
[パ] 稲葉(F)(1回2ラン 由規)、T-岡田(Bs)(4回ソロ バリントン)