• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

マイナビオールスターゲーム2021

ゲームリポート

第1戦 2021年7月16日(金)
メットライフドーム

セ・リーグが逆転勝利でパ・リーグを破る、MVPは2ラン含む4安打の広島・菊池涼介

 7月16日、2014年以来7年ぶりにメットライフドームで「マイナビオールスターゲーム2021」第1戦が行われた。昨年は中止となった夢の球宴が2年ぶりの開催だ。

 試合に先立って行われたホームランダービーは、当初出場予定だったマーティン(ロッテ)が腰の張りで欠場したためファン投票次点の山川穂高(西武)が繰り上がりで出場。準々決勝はセの怪物ルーキー・佐藤輝明(阪神)、準決勝は山田哲人(ヤクルト)を破って決勝進出を決めた。

 先発マウンドに上がったのは両リーグの勝ち頭、パの山本由伸(オリックス)とセの髙橋優貴(巨人)。1回表、いきなり侍ジャパン主力同士の夢の対決が実現する。山本はストレート中心の真っ向勝負で一番・坂本勇人(巨人)を遊ゴロに打ち取ると、二番・佐藤輝を153キロの直球で空振り三振に斬って取り、続く鈴木誠也(広島)も真っすぐで三ゴロに抑え込んだ。2回も三者凡退に仕留め2回を無安打無失点。「森さんのリードに任せて思い切り投げられました。すごくワクワクしました」と会心の笑顔を見せた。

 セの先発・髙橋も1回は三者凡退で切り抜けるも、2回につかまった。パの四番・吉田正尚(オリックス)に初ヒットを許すと続くマーティンに四球で無死一、二塁。ホームランダービーを制した山川が左中間へ適時二塁打を放ってパが鮮やかに2点を先制した。3回裏、さらにパ打線が突き放す。球宴4度目の出場となるレアード(ロッテ)がセの2番手・戸郷翔征(巨人)から念願の初本塁打を放って3対0とリードを広げた。

 ここまではパの一方的な展開かと思われたが、5回表、セ・リーグが反撃を開始。パの3番手・上沢直之(日本ハム)から菊池涼介(広島)が右前打で出塁し、続く梅野隆太郎(阪神)の適時三塁打で1点を返すと、続く近本光司(阪神)も左前適時打で2点目。近本はこれが2019年のオールスターから7打席連続安打となった。

 セの勢いはまだまだ止まらない。6回表、先頭・岡本和真(巨人)が右前打で出塁するとシーズンではなかなか見られない貴重な盗塁を成功させ二死二塁。ここで2安打を放っている菊池涼が左翼スタンドへ2ランアーチをたたき込み4対3とセが逆転。勝負の行方は分からなくなった。

 パも7回裏、相手の失策に乗じてしぶとく同点に追いつき試合は4対4の振り出しへ。8回表には、注目の同級生対決が実現した。連続試合無失点日本記録をマークした平良海馬(西武)がマウンドに上がると、打席にはセを代表する若き主砲・村上宗隆(ヤクルト)。剛速球にフルスイングでこたえる高卒4年目、21歳同士の真っ向勝負は見応え十分。最後はスライダーでファーストフライに仕留めた平良に軍配が上がり「自然と155、6キロが出ていた。初対戦だったので楽しかったです」と真剣勝負を振り返った。8回裏、セのマウンドに上がった7番手・ビエイラ(巨人)は163キロのストレートを連発し、スタンドを大いに沸かせる場面も。

 さらに同点で迎えた9回表は1点を巡る熱い攻防を見せ、両軍ベンチの盛り上がりは最高潮に。セ打線が連打の後、無死一、二塁から中村悠平(ヤクルト)が犠打を決めれば、続く近本にパの工藤公康監督(ソフトバンク)は申告敬遠。二死満塁からルーキー・中野拓夢(阪神)が執念の押し出し四球を選び、この1点が決勝点に。5対4で接戦を制したセ・リーグが初戦を白星で飾った。

 最優秀選手賞(MVP)は4打数4安打2打点の菊池涼が受賞。「最高です。小さいころ、自転車でよく来ていた球場ですし、思い出に残る試合になりました。ホームランは入ってよかったです。全然狙っていませんでした。(あの場面は)3本目を打たなきゃなと考えていたのですが、シーズン中は見られない(岡本)和真の盗塁があって、気持ちを楽にしてくれました。最後は監督の勝ちたい気持ちが結果に表れた。明日も勝つという気持ちを持って頑張りたいと思います」と菊池涼は満面の笑みを浮かべた。

 また、敢闘選手賞には2安打を放ち19年からの連続安打を7打席連続安打と伸ばした近本、パの先発で2回1奪三振でパーフェクトに抑えた山本、2回に先制の2点二塁打を放った山川が選ばれた。「マイナビオールスターゲーム2021」第2戦は7月17日、楽天生命パーク宮城で行われる。

マイナビオールスターゲーム2021 第1戦

2021年7月16日(金)
メットライフドーム ◇開始 18:04 (2時間47分) ◇入場者 8,992人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
セントラル・リーグ 0 0 0 0 2 2 0 0 1 5 11 2
パシフィック・リーグ 0 2 1 0 0 0 1 0 0 4 10 0
バッテリー
[セ] 髙橋(G)、戸郷(G)、清水(S)、三嶋(DB)、又吉(D)、マクガフ(S)、○ビエイラ(G)、(S)スアレス(T) - 梅野(T)、中村(S)
[パ] 山本(B)、今井(L)、上沢(F)、佐々木千(M)、平良(L)、●益田(M) - 森(L)、甲斐(H)
本塁打
[セ] 菊池涼(C)(6回2ラン 上沢)
[パ] レアード(M)(3回ソロ 戸郷)