• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

マイナビオールスターゲーム2021

ゲームリポート

第2戦 2021年7月17日(土)
楽天生命パーク宮城

10年ぶりの楽天本拠地開催の第2戦で、楽天・島内宏明が大活躍を見せパ・リーグが勝利

 7月17日、「マイナビオールスターゲーム2021」第2戦が楽天生命パーク宮城で行われた。仙台での開催は2011年以来10年ぶり。多くの野球ファンが球場に詰めかけ、夢の祭典を目に焼きつけた。

 第1戦に続いて行われたホームランダービーでは、各チームの主砲が名を連ねた。準々決勝で岡本和真(巨人)、準決勝で村上宗隆(ヤクルト)を破り、決勝へと進んだのは吉田正尚(オリックス)。前日勝利した山川穂高(西武)との決勝戦ではともに4本を放って延長戦へ。1分間ずつの延長戦は先攻の山川が4本。だがこの日、4戦目となった吉田正が5本のアーチをスタンドに放り込み初優勝。東京五輪日本代表にも選ばれた昨年の首位打者がホームランダービーを制した。

 パ・リーグの先発は高卒2年目の宮城大弥(オリックス)。リーグ最多タイの9勝を挙げている左腕は初回、二死一塁から四番・村上に対して3球すべて直球で勝負し遊ゴロに打ち取る。セ・リーグの先発・柳裕也(中日)もわずか7球で打ち取りリズムをつくると、2回表には佐藤輝明(阪神)が宮城の直球を左翼席へ叩き込みセが先制。だがその裏、杉本裕太郎(オリックス)も柳の直球をスタンドイン。すかさずパが試合を振り出しに戻した。

 3回表のマウンドに上がった松本航(西武)は全球直球勝負で3人を抑え込む。その裏、パは先頭の甲斐拓也(ソフトバンク)の中前打を皮切りに一死二、三塁とチャンスをつくると、楽天生命パーク宮城を本拠地とする楽天の島内宏明が森下暢仁(広島)の初球ストレートを右前にはじき返し2点を追加。勝ち越しに成功し、球場を沸かせた。4回表には松本が圧巻のピッチング。ウィーラー(巨人)に二塁打を浴びるも続く村上、岡本和、佐藤輝を三者連続空振り三振に切って取った。するとその裏、森下も前日本塁打を放っているレアード、中村奨吾(ともにロッテ)、杉本を封じ込む。さらに5回表、裏にマウンドに上がった津森宥紀(ソフトバンク)、岩崎優(阪神)も走者を許さない。

 6回表、則本昂大(楽天)が登板すると球場の盛り上がりはさらに増す。則本昂は150キロを超える直球を連発すると、二死からのウィーラーとの対決では全球直球勝負で空振り三振に。かつての同僚と真っ向勝負し、笑顔でプレーを称え合った。6回裏からマウンドに上がった青柳晃洋(阪神)も味のある投球で無失点。続投した則本昂は7回表、緩急を使った投球でゼロに抑え笑顔でマウンドを降りた。7回裏からは山﨑康晃(DeNA)がマウンドへ。代打・吉田正にヒットを許すと続く杉本の三塁内野安打を村上が悪送球し無死一、三塁に。ここで三走が松田宣浩(ソフトバンク)に代わると栗原陵矢(ソフトバンク)の二ゴロで本塁を狙い挟殺プレーでタッチアウト。その間に三塁を突いた一走・杉本がセーフとなるも、原辰徳監督(巨人)がすかさずリクエスト。リプレイ検証の結果アウトとなり、セはこの回を無失点で切り抜けた。

 流れがセに傾く中、8回表のマウンドに上がったのは宋家豪(楽天)。代打・菊池涼介(広島)に左前打を許すと、坂本勇人(巨人)の左翼線への当たりにこの回から守備に入った柳田悠岐(ソフトバンク)がサードへ悪送球し、菊池涼がホームイン。1点差に詰め寄るとなおも一死一、三塁の場面で代打・マルテ(阪神)が左前適時打でセが3対3の同点に追いつく。だが、パ・リーグはすかさず反撃。8回裏、先頭の小深田大翔(楽天)がこの回からマウンドに上がった栗林良吏(広島)から四球を選ぶと、一死後に島内が放った右翼線付近へ二塁打に激走を見せホームに生還、勝ち越しに成功した。9回表は楽天の守護神・松井裕樹が3人でピシャリ。4対3でパ・リーグが前日の雪辱を果たした。

 初出場で3安打3打点、2度の勝ち越し打を放った島内が最優秀選手賞(MVP)を獲得。「震災から10年経って、僕も10年目。こういった場所でヒーローになれて良かった」と言葉をかみ締めた。敢闘選手賞にはこの日、球宴史上5人目の新人本塁打をマークした佐藤輝、初出場で本塁打を放った杉本、一時同点となる適時打をたたき出したマルテが選ばれた。

 通算成績はパの86勝80敗11分。手に汗握る試合展開にファンは笑顔で球場をあとにした。

マイナビオールスターゲーム2021 第2戦

2021年7月17日(土)
楽天生命パーク宮城 ◇開始 18:04 (2時間29分) ◇入場者 14,852人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
セントラル・リーグ 0 1 0 0 0 0 0 2 0 3 6 1
パシフィック・リーグ 0 1 2 0 0 0 0 1 X 4 8 2
バッテリー
[セ] 柳(D)、森下(C)、岩崎(T)、青柳(T)、山﨑(DB)、●栗林(C)、高梨(G) - 木下拓(D)、梅野(T)、中村(S)
[パ] 宮城(B)、松本(L)、津森(H)、則本昂(E)、○宋家豪(E)、(S)松井(E) - 甲斐(H)、栗原(H)、森(L)
本塁打
[セ] 佐藤輝(T)(2回ソロ 宮城)
[パ] 杉本(B)(2回ソロ 柳)