• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 阪神タイガース
  • 読売ジャイアンツ
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • パシフィック・リーグ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

東京ヤクルトスワローズが2年連続9度目のセ・リーグ優勝

 セントラル・リーグは25日、優勝へのマジックナンバーを「2」としていた東京ヤクルトスワローズが、明治神宮野球場で行われた2位・横浜DeNAベイスターズとの直接対決に1-0で勝ち、2年連続9度目のセ・リーグ優勝を決めました。

 これで東京ヤクルトは、10月12日(水)から始まるJERA クライマックス セ・ファイナルステージからの出場が決定、9度目の日本シリーズ出場を目指します。

斉藤惇コミッショナーのコメント

 昨シーズン、パ・リーグ覇者オリックスとの激闘を制し9年ぶりにセ・リーグに日本一をもたらした経験を自信に変え、リーグ連覇を勝ち取った見事な戦いぶりに、心から賛辞を贈ります。
 髙津臣吾監督のチーム掌握術や采配にはますます磨きがかかり、日本生命セ・パ交流戦ではパ・リーグ全球団に勝ち越して完全優勝を果たし、2年連続のセ・リーグ勝ち越しに大きく貢献されました。
 5月24日に首位に立つと、一度もその座を明け渡すことなく、7月2日にはNPB史上最速でマジックナンバー「53」が点灯するという他を圧倒した勢いには目を見張るものがありました。
 チーム一丸となり全員野球でつかんだ連覇であったと思いますが、若き主砲・村上宗隆選手が放つ本塁打がチームに勢いを与えたことは言うまでもありません。22歳にして誰もが認めるNPBを代表する4番打者に成長されました。JERA クライマックス セ突破という次のハードルは控えていますが、日本一連覇にも大いに期待したいと思います。