• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

【記録員コラム】祝 札幌ドーム 公式戦1000試合

 2001年の開場から20年目を迎えた札幌ドーム。これまで開催したプロ野球公式戦は999試合(パ・リーグ=788、セ・リーグ=41、交流戦=170)。7月14日の日本ハム対ロッテ1回戦で、節目の1000試合に到達します。プロ野球が行われた球場は289ありますが、1000試合以上開催は札幌ドームで19球場となります。

 こけら落としは2001年6月26日の巨人対中日16回戦でした。1回表、中日福留孝介選手(現阪神)が、巨人先発メイ投手の初球を右中間スタンドに叩き込む「初回先頭打者本塁打」で華々しく幕を開けました。当時はテレビ中継の影響もあり、北海道=巨人の街と言っても過言ではないほどで、北海道の野球ファンの9割以上が巨人ファンだったそうです。その様相がガラリと変わったのは2004年の日本ハムの本拠地移転で、今では北海道中がファイターズ一色に染められたように思えます。

 1000試合の節目を迎えるにあたり、札幌ドームにおける個人本塁打と個人勝利のランキングを作りました。

札幌ドーム 本塁打ランキング(太字は日本で現役選手)
82 中田 翔 日本ハム(82)
59 稲葉 篤紀 日本ハム(59)
46 セギノール 日本ハム(43)、楽天(3)
44 レアード 日本ハム(43)、ロッテ(1)
32 小笠原 道大 日本ハム(32)
31 陽 岱鋼 日本ハム(31)
30 高橋 信二 日本ハム(30)
27 糸井 嘉男 日本ハム(22)、オリックス(5)
27 中村 剛也 西武(27)
22 田中 賢介 日本ハム(22)

 チームの主砲中田翔選手が通算232本塁打のうち82本を札幌ドームで記録し、トップを走ります。今季は開幕からビジター9試合で5本塁打と好スタートを切り、あと18本塁打に迫る札幌ドーム100本塁打にも期待が膨らみます。日本ハムの選手が名を連ねる中、西武の中村剛也選手が27本塁打で8位タイに入っています。ここ3年間は19試合で2本塁打ですが、2009年には12試合で7本塁打と量産しました。

札幌ドーム 勝利ランキング(太字は日本で現役選手)
46 ダルビッシュ有 日本ハム(46)
37 武田 勝 日本ハム(37)
20 吉川 光夫 日本ハム(20)
19 ウルフ 日本ハム(17)、西武(2)
18 増井 浩俊 日本ハム(18)
18 大谷 翔平 日本ハム(18)
17 有原 航平 日本ハム(17)
16 武田 久 日本ハム(16)
15 金村 暁 日本ハム(15)
13 上沢 直之 日本ハム(13)

 メジャーに羽ばたいたダルビッシュ有投手(現カブス)が46勝を挙げ1位に君臨。大谷翔平投手(現エンゼルス)も18勝で5位タイにランクインしています。20勝の吉川光夫投手は、防御率1位のタイトルを獲得した2012年に札幌ドームで7勝を挙げました。17勝の有原航平、13勝の上沢直之両投手が、今後どこまで数字を伸ばすか注目です。

 札幌ドームではサイクル安打が2回記録されています。1回目は日本ハムがここを本拠地とした2004年、西武を迎えてのオープニング3連戦でした。4月4日の3試合目に西武の細川亨選手(現ロッテ)が、パ・リーグ史上31度目の快挙を達成。2回目はそれから14年後の2018年で、これもビジターチームでソフトバンクの柳田悠岐選手が4月21日に達成しました。

 こけら落としの一戦での「初回先頭打者本塁打」に、日本ハムの本拠地移転オープニングシリーズでの「サイクル安打」。札幌ドームは記録に縁がある球場と思われがちですが、実はまだノーヒットノーラン試合は達成されていません。惜しいゲームはありました。2009年7月10日の日本ハム対ロッテ9回戦で、日本ハムの多田野数人投手が9回二死まで無安打投球を続けていましたが、大松尚逸選手にふわりと二塁手の頭を越えていく安打を許し、快挙達成を逃しました。

 プロ野球におけるノーヒットノーランは、これまでの約6万2500試合で92回記録されています。平均すると680試合に1回となり、確率的には公式戦開催1000試合を迎える札幌ドームでいつ記録されても不思議ではありません。これまでノーヒットノーラン試合の最北達成球場は、青森県の青森市営球場です(1950年6月28日、巨人藤本英雄投手の完全試合)。北の大地で、初のノーヒッター誕生を心待ちにしています。

【NPB公式記録員 山本勉】