• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

【コラム】2021シーズンの球界を席巻する逸材は誰だ!?/パ・リーグ新人事情

 日本シリーズ4連覇中のソフトバンクの今季の支配下新人はすべて高卒とあって即戦力よりも将来性。特に巨人を超える「V10」を目指しており、そのV10の中心を担う選手として位置づけ、育成に励んでいる。だが、中にはすでに存在感を発揮している選手も。その筆頭が、ドラフト1位の井上朋也とドラフト3位の牧原巧汰だ。春季キャンプでは2人そろってA組(一軍)の練習に1日参加すると、シート打撃でヒットをマーク。何より物怖じしないスイングが印象的で、工藤公康監督も「大したもんだな」と目を見張った。高校通算50本塁打の井上はサード・松田宣浩の後継者としても期待される右の大砲候補。牧原巧は地肩の強さを生かした守備と長打力を武器とした打てる捕手として、正捕手・甲斐拓也を脅かす存在となる可能性を秘める。1年目からファームを湧かせてくれるに違いない。

 

 ロッテ・井口資仁監督は「左の本格派はウチには少ない。直球で押せる投手を探していた」と指名理由を明かした。その期待どおり開幕先発ローテーション入りが濃厚なのはドラフト1位左腕の鈴木昭汰だ。最速153キロを誇る直球に、スライダー、チェンジアップなど変化球も多彩。豪快に腕を振るフォームは躍動感もあり、マウンド度胸も光るが開幕3戦目(対ソフトバンク)でのデビューが見込まれる。さらに救援では、ドラフト4位右腕の河村説人が練習試合、オープン戦で存在感を示している。192センチの長身を生かした角度のあるボールが武器。落差のあるフォーク、大きく曲がるカーブも生かして打者を翻ろうしている。野手ではドラフト3位の小川龍成だ。華麗な遊撃守備に好走塁も見せ、野球センスの高さを感じさせる。藤岡裕大から定位置を奪う可能性も十分にあるだろう。

 西武では2人の大卒野手が開幕一軍入りへ、オープン戦で奮闘している。ドラフト4位の若林楽人とドラフト6位のブランドンだ。3月10日の中日戦(ナゴヤ)では3回に若林が左翼席へオープン戦1号3ランを放つと、6回にはブランドンも負けじとオープン戦1号3ランを左翼席へたたき込んだ。「お互いに負けないように意識している」と若林。スピード感あふれるプレースタイルも西武野球にマッチ。辻発彦監督も「必死にやっている姿がいい」と高評価を与えているが、その存在がほかの若手を刺激。競争意識が高まって、チームに好影響が生まれている。176センチ、112キロの巨漢大砲として注目されたドラフト1位の渡部健人は古傷の右肩痛の影響もあり、キャンプはB班(二軍)スタート。順調に回復しており、3月16日からA班(一軍)に合流した。

 大卒新人投手トリオがアピールを続け、開幕一軍枠を勝ち取ろうとしているのは楽天だ。早川隆久は即戦力のドラフト1位左腕という前評判どおり、春季キャンプ、実戦でアピールを続け、開幕先発ローテの1枠をつかんだ。涌井秀章、田中将大という球界を代表する先発右腕に続き、開幕3戦目(対日本ハム)のマウンドに上がる予定だ。ドラフト2位・高田孝一、ドラフト4位・内間拓馬の両右腕は、中継ぎで一軍生き残りを目指す。3月9日のロッテ戦(静岡)では、高田孝が同点の7回に登板。四球を出しながらもスプリットなどを駆使して併殺で切り抜け「初勝利」が舞い込んだ。内間は1点リードの9回に登板すると三者凡退に打ち取り「初セーブ」。生き残りへ、また一歩前進した。この新人3投手が開幕一軍入りを果たせば、球団では2017年の菅原秀、森原康平、高梨雄平以来、2度目となる。

 

 今春キャンプで新人8選手のうち4選手が一軍メンバーに選ばれた日本ハム。即戦力として期待値が高いのはドラフト1位・伊藤大海だ。MAX155キロを誇る真っすぐとツーシーム、カットボール、スライダー、カーブ、スプリット、チェンジアップと変化球も多彩。実戦では新人とは思えぬ落ち着いたマウンドさばきを見せている。侍ジャパン大学代表で務めた抑えの適性もあるが、開幕先発ローテが確定していないチーム事情からも先発の一角になってほしい右腕だ。その伊藤と侍ジャパンでバッテリーを組んだ古川裕大も強打が武器の即戦力捕手。自慢の打棒はまだ発揮できていないが捕手陣底上げの起爆剤になれるか。社会人出身の24歳・今川優馬もフルスイングが魅力の即戦力長距離砲。札幌市出身の生粋のファイターズファンがあこがれのチームで暴れ回る。キャンプ序盤ケガで二軍調整となった五十幡亮汰は球界トップクラスの脚力の持ち主。機動力野球のキーマンとしても期待がかかる。

 オリックスのドラフト上位3人は高校生とあって、基本的には育成方針。最速153キロ右腕の山下舜平大、攻守走三拍子そろう元謙太、来田涼斗は、数年後を見据えて腕を磨く。一方で即戦力の期待がかかるのが、ドラフト4位のアンダースロー・中川颯だ。最速136キロながら、伸び上がるボールで打者を翻ろう。当初は救援起用の方針も、先発の適性を見るために3月11日の教育リーグ(対阪神)で先発マウンドに上がった。4回4失点とフォームが乱れて制球が安定せずに失点を許す形となり、救援か先発か起用法は今後見極めていく。救援右腕では28歳のオールドルーキー・阿部翔太も開幕一軍の枠を争う。投げっぷりの良さが魅力で、救援陣に厚みを与えられるか。

【文責:週刊ベースボール】