• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 阪神タイガース
  • 読売ジャイアンツ
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • パシフィック・リーグ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

【コラム】優勝の原動力となりそうな黄金ルーキーを探せ!/パ・リーグ新人事情

 昨季優勝のオリックスで新人がチームを進化させそうだ。中でも大卒野手の2人。ドラフト2位の野口智哉は果敢な姿勢を貫く打撃は大きなフォロースルーで鋭い打球を飛ばし、関西学生リーグで通算100安打の実力の一端を見せている。守っても二遊間に三塁、さらには外野にも就くなど起用の幅が広いのは好材料。スキあらばスタメンを奪う。ドラフト4位の渡部遼人は変化球に体勢を崩されながらも巧みにバットで拾ってボールを運ぶなど対応力も光り、50m走5秒9の俊足も併せ持つ。出塁すれば機動力でかく乱させることも可能だ。ドラフト1位右腕の椋木蓮は左ワキ腹を痛めて離脱。シーズン中の復帰を目指してリハビリを続けている。小木田敦也、横山楓の社会人出の投手もブルペンで力になる可能性は高く、チーム力アップに一役買う。

 ロッテでは高卒新人史上3人目となる開幕マスクが有力だ。ドライチ捕手の松川虎生が練習試合から存在感を示し、オープン戦でも開幕投手の石川歩とバッテリーを組んでいる。井口資仁監督も「そのバッテリーでいくんじゃないですかね」と起用を示唆した。果敢にスイングする打撃に、投手への声かけを含めた守備など、堂々たるプレーを見せている18歳。加藤匠馬、田村龍弘、佐藤都志也らの捕手争いを熾烈にしている。野手では巧打が光り、二塁、三塁を守れる池田来翔も一軍戦力に割って入る可能性が大。廣畑敦也、八木彬の社会人出の両右腕も加わり、ブルペンにも厚みが増したことも大きい。今季は延長12回制に戻っただけに、即戦力になり得る新人を含めて束になって、チームスローガン「頂点を、つかむ。」を成し遂げる。

 楽天で大きな注目を集めている新人はドラフト2位捕手・安田悠馬だ。春季キャンプにパンチパーマ姿で登場して周囲を驚かせたが、そんなアピールも不要なほど、バットで快音を響かせた。フリー打撃では推定飛距離155メートルの特大弾。捕手の特守でも泥まみれになって白球を追いかけた。快進撃は実戦に入ってからも止まらない。「ライトにホームランを打ってこい」という石井一久GM兼任監督の指令に応えたのが3月8日、ヤクルトのオープン戦(静岡)だ。高梨裕稔の141キロの直球をとらえると、打球は右翼席で弾んだ。「手応えは完璧でした」。ルーキーはベンチに戻ると笑顔を見せた。球団の新人捕手が開幕一軍入りとなれば、史上3人目。開幕スタメンマスクとなれば初の快挙だ。「ずっと目標にしてきたので、持ち続けたままやっていきたい」。将来的に見据えるのは「四番・捕手」の座。「打てる捕手」がいよいよスタートを切る。

 今年より三軍を拡充しこれまで以上に育成に力を注ぐソフトバンク。昨秋のドラフトでは支配下5人、育成史上最多14人の総勢19人を指名した。高卒新人たちは、まずは三軍を主戦場にある程度時間をかけて育てていくことになり、世代最速157キロをマークするドラフト1位右腕・風間球打も例外ではない。それに対して大卒・社会人出の支配下2人、ドラフト2位・正木智也、ドラフト4位・野村勇は即戦力候補だ。ともに春季キャンプはA組(一軍)スタート。正木は右ヒジを痛めて途中離脱も、野村勇は完走した。右前腕の張りを訴えて帰福後に筑後のファーム施設で調整していたが、状態が問題ないと判断されて3月11日から再び一軍に合流。オープン戦2本塁打のパワフルな打撃に、守備では持ち前の万能性をいかんなく発揮し、最大の武器である俊足は「周東(佑京)より速い」との評判だ。使い勝手の良さはチームトップクラスと言ってもいいだろう。

 日本ハムでは投打の即戦力ルーキーが開幕一軍切符をつかみそうだ。投手陣では、大卒の左右の両輪が存在感を見せている。ドラフト8位右腕・北山亘基はオープン戦5試合に登板して6回無失点。MAX156キロの直球を軸に、大きく曲がるカーブ、キレ味鋭いフォークを駆使し、打者21人に対して13三振と圧巻の投球で一気に開幕守護神候補にも踊り出た。ドラフト6位の変則左腕・長谷川威展もオープン戦で6試合に登板。左打者へのスライダー、右打者へのツーシームと自在な投球でブルペンを活性化させる。野手で開幕スタメンの座をつかみそうなのがドラフト3位の水野達稀だ。新人で唯一、キャンプから一軍に帯同し、実戦でも攻守に結果を残している。3月16日の西武とのオープン戦(ベルーナドーム)では第1号本塁打を放つなどパンチ力は目を見張る。遊撃と二塁をこなせる堅実な守備力も大きな武器。攻守走三拍子そろった強打の内野手が開幕から躍動する。

 昨季42年ぶりの最下位に沈んだ西武だが2人のルーキー左腕が大きな力になりそうだ。昨秋のドラフトで4球団が競合したドラフト1位・隅田知一郎は前評判どおりの投球を実戦で披露している。オープン戦では3試合に先発し、15回を4失点。防御率1.80と抜群の安定感を発揮している。キレのある直球、6種類の変化球を自在に操る投球。ピンチに陥ればギアを上げ、三振を奪いにいく投球スタイルはゲームメーク能力にも長ける。2ケタ勝利の可能性は十分で、新人王の筆頭候補だ。ドラフト2位の佐藤隼輔も開幕一軍入りが濃厚。力のある最速152キロの直球、変化球をしっかりとストライクゾーンに投げ込む。当初はリリーフ起用が予定されていたが、今井達也が内転筋の張りを訴えたため、3月21日のヤクルトとのオープン戦(ベルーナドーム)で先発。5回1安打無失点と上々の投球を見せた。弱点だった投手陣の厚みが増した西武。隅田、佐藤の存在がV奪回の期待感を高めている。

【文責:週刊ベースボール】