• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 読売ジャイアンツ
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • オリックス・バファローズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

ニュース

NPBニュース

【球跡巡り・番外編】公式戦開催全球場のデータを更新します(2023年)

 NPB公式サイトの球場情報の中にある「公式戦開催全球場」には、球場毎にこれまで開催した試合数や本塁打数などのデータが掲載されています。2023年シーズンを前に、昨年度行われたセ・パ公式戦858試合のデータを加算しました。

 昨年で北海道日本ハムの本拠地としての役目を終えた札幌ドーム。この球場での個人成績は、投手ではダルビッシュ有(現パドレス)が46勝、626奪三振と2部門でトップでしたが、奪三振では2位の上沢直之(383奪三振)に、200以上もの大差をつけました。打者では中田翔(現巨人)が98本塁打、378打点で両部門のトップに立ちました。2本届かず、通算100本塁打を逃したのは残念です。

 球場別の通算安打では、昨年栗山巧外野手(西武)がベルーナドームで1000安打を達成し注目を集めました。今年はあと9本に迫っている坂本勇人内野手(巨人)が、4月中にも東京ドーム初の1000安打に到達しそうです。大島洋平外野手(中日)はバンテリンドームで898安打。荒木雅博(現中日内野守備走塁コーチ)が持つ945安打の最多記録更新はもちろん、大台到達にも期待がかかります。なお、これまでに1球場で1000安打以上を記録したのは次の12選手です。(球団=最も多く安打を記録した球団)

安打 選手 球場
1465 野村 克也(南海) 大阪
1287 王 貞治(巨人) 後楽園
1208 衣笠 祥雄(広島) 広島
1198 長嶋 茂雄(巨人) 後楽園
1150 広瀬 叔功(南海) 大阪
1139 山本 浩二(広島) 広島
1121 高木 守道(中日) ナゴヤ
1100 川上 哲治(巨人) 後楽園
1075 石井 琢朗(横浜) 横浜
1030 福本 豊(阪急) 西宮
1014 栗山 巧(西武) ベルーナドーム
1012 門田 博光(南海) 大阪

 球場別の通算セーブでは、これまで100セーブ以上はバンテリンドームで193セーブの岩瀬仁紀のほか、神宮で118セーブの高津臣吾、甲子園で114セーブの藤川球児の3人ですが、今年は一気に次の5投手の大台到達が期待されます。(成績は2022年末現在、球団名は現所属)

セーブ 選手 球場
94 益田 直也(ロッテ) ZOZOマリン
92 山﨑 康晃(DeNA) 横浜
86 平野 佳寿(オリックス) 京セラD大阪
85 増田 達至(西武) ベルーナドーム
84 松井 裕樹(楽天) 楽天モバイルパーク

 各チームの守護神の本拠地球場での活躍に注目してください。

【NPB公式記録員 山本勉】