• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2021

デイリーリポート

開幕前日

明日開幕のSMBC日本シリーズ2021、オリックスの先発は山本由伸、ヤクルトは明言せず

 ともに2年連続最下位からリーグ優勝を果たし、クライマックスシリーズを突破したオリックスとヤクルトによるSMBC日本シリーズ2021開幕を翌日に控えた11月19日、両球団が京セラドーム大阪で前日練習を行った。

 開幕戦を本拠地で迎えるオリックスは、全体練習開始前に紅林弘太郎、山足達也ら一部の内野陣が早出特守を行い、ノックを受けて汗を流した。11時からスタートした全体練習は、ウォーミングアップ後に野手陣は状況を想定した外野ノックを開始。「無死一、二塁」「無死満塁」など6つのケースを想定して中継プレーの確認などを行った。右手尺骨の骨折から復帰した吉田正尚も左翼守備に就くなど回復をアピール。内野ノック後のフリー打撃でも吉田正がスタンドにボールを運ぶなど快音を響かせ、打撃練習の合間には投手たちがヘルメットをかぶって走塁練習も。DH制がなくなる東京ドームでの第3戦からを想定する場面も見られた。

 練習後、会見に臨んだ中嶋聡監督は「変わったことはできません。普段どおり」を強調。「チャンピオンだとは思っていません。向こうは(日本シリーズの)経験者がいるけど、ウチはほとんどいないので。こっちはチャレンジャー。全力で1試合1試合戦っていきます」とレギュラーシーズンと同様、相手に立ち向かう姿勢を貫く。

 一方のヤクルトは、16時から練習を開始。投手陣がキャッチボールをするかたわら、野手陣は輪になって小ミーティングを行った。選手会長・中村悠平の音頭で輪がほどけると、こちらもキャッチボールを開始。笑顔で声を掛け合いながら、リラックスしたムードの中で体をほぐした。その後は報道陣にも公開しない、サインプレーの確認を行った。フリー打撃では、オスナや村上宗隆が次々と打球をスタンドに放り込む。リーグ終盤は不調に陥った2人だが、最終調整で快音を響かせた。

 練習の合間には中嶋監督と高津臣吾監督が監督会議に臨んだ。事前会議では「予告先発を使わないと決定した」と説明されたあと、中嶋監督が「予告先発、しないんですか?」と質問するも、高津監督がリアクションせず。4年ぶりに予告先発を採用しないことで合意。ただ、監督会議で中嶋監督は「別に片っぽはやってもいいんでしょ、山本(由伸)よ」とエースの登板を明言した。第2戦以降は「気が向いたら言う」にとどめた。

 高津監督は翌日に迫った頂上決戦を前に「今はいたって冷静」と話していたが、「ここまでたどりついたうれしさはもちろんありますし、ここまできたら必ず勝ちたいな、と。そういう気持ちでいっぱいです」と早くも闘志を前面に。「われわれのチームカラーがあり、やってきた野球がある。つながり、和を大事にしていきたい」と、これまでレギュラーシーズン中にも展開してきた“全員野球”で戦う決意を語っている。

 予告先発の不採用については「ルールに明記されていないので、ルールに従ったと思っていただければ」と説明し、翌日の先発投手も明かさなかった。また、パ・リーグの本拠地球場でのゲームではDH制が採用されるが、こちらも作戦面については言及せず「ヒントはありません」と笑った。「使えるものはすべて使いたい」とも話しており、“情報統制”で相手をかく乱する。

 第1戦の先発投手に、指名打者を含むヤクルトのラインアップはどうなるか──。戦前から選手起用の“探り合い”も見どころになるSMBC日本シリーズ2021第1戦は明日20日、京セラドーム大阪にて、18時プレーボールで行われる。