• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 読売ジャイアンツ
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • オリックス・バファローズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2022

デイリーリポート

第1戦

ヤクルト打線がオリックスのエース・山本由伸を攻略。オスナが猛打賞3打点の活躍でヤクルトが白星スタート

 10月22日、SMBC日本シリーズ2022が神宮球場で開幕した。2年連続でリーグ優勝を果たしたヤクルト、オリックスが、ともにクライマックスシリーズ・ファイナルステージを勝ち上がり、昨年に続き頂上決戦で対戦することとなった。

 第1戦はヤクルトが小川泰弘、オリックスが山本由伸と両エースの先発。注目の立ち上がり、小川はオリックス打線を三者凡退に仕留めたが、山本はいきなり先頭の塩見泰隆に初球を左前打されると、盗塁も決められる。一死二塁で山田哲人は空振り三振に仕留めたが、得点圏に走者を背負った状態で三冠王・村上宗隆を打席に迎えた。慎重に攻めた山本だがコースを外れ、ストレートの四球。二死一、二塁とピンチが広がり、オスナにはカウント1-1からの3球目、真ん中のカーブをとらえられ三塁線を破られてしまう。ヤクルトが好機を確実に生かし、2点を先制した。

 オリックス打線はすかさず反撃。2回表、2安打1四球で一死満塁のチャンスをつくると紅林弘太郎の右前打で1点を返す。「なんとか早い段階で追いついていきたいと思っていましたし、チャンスの場面でまずは1本出てくれてよかったです!」(紅林)。満塁機は続き二死後、福田周平が押し出し四球を選んでオリックスは同点に追いついた。

 しかし、山本が踏ん張れない。3回裏、先頭の塩見にカウント1-2からの4球目、内角直球をうまくとらえられ、快音を残した打球は左中間席へ。「追い込まれていましたが力負けしないようにしっかりと強いスイングを心掛けました」(塩見)。ヤクルトに1点を勝ち越される。さらに4回裏にも先頭のオスナにフルスイングで初球、真ん中高めのカットボールを左中間席へ運ばれる。山本は今季初の1試合2被弾でまさかの4失点となってしまった。

 2回以降、オリックス打線に得点を許さなかった小川だが、5回表に思わぬピンチを迎える。二死から中川圭太が放ったライナーを右翼手のサンタナは照明が目に入り、捕球できず。打球が右翼を転々とする間に中川圭は一気に三塁へ。吉田正尚は四球、杉本裕太郎には死球。二死満塁とピンチは広がり、打席には西野真弘が入った。小川にとって踏ん張りどころ。ここでカウント2-1からの4球目、渾身の内角直球で西野を遊飛に打ち取った。5回裏には山本にアクシデント。先頭の代打・キブレハンに対し3球目に投げたフォークをファウルとされた直後に異変を訴えて、ベンチへ。左脇腹につったような症状があり、そのまま交代が告げられた。

 5回限りで小川がマウンドを降りると、ヤクルトは継投に。6回表は木澤尚文、7回表は田口麗斗がゼロに抑えたが8回表、オリックス打線の反撃に遭う。この回からマウンドに上がった清水昇が二死二塁から代打・T-岡田に中前適時打を浴びて1点差に。だが、8回裏に千両役者が待っていた。先頭の村上が平野佳寿のフォークを完璧にとらえると打った瞬間にそれと分かる一発を右翼席へたたき込んだ。9回表は守護神のマクガフが一死一、二塁のピンチを背負ったが杉本、代打・頓宮裕真を連続三振。ヤクルトが5対3で初戦を制した。髙津臣吾監督は「初戦を取れていいスタートが切れた。一戦一戦、勝つために全力を尽くす」とさらなる激戦を見据えた。

SMBC日本シリーズ2022 第1戦

2022年10月22日(土)
明治神宮野球場 ◇開始 18:35 (3時間48分) ◇入場者 29,402人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
オリックス 0 2 0 0 0 0 0 1 0 3 10 2
東京ヤクルト 2 0 1 1 0 0 0 1 x 5 10 0
バッテリー
【オ】 山本(0-1)、比嘉本田阿部平野佳 ‐ 若月
【ヤ】 小川(1-0)、木澤田口清水、(S)マクガフ(1) ‐ 中村
本塁打
【ヤ】 塩見 1号(3回ソロ 山本)、オスナ 1号(4回ソロ 山本)、村上 1号(8回ソロ 平野佳