• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 読売ジャイアンツ
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • パシフィック・リーグ
  • オリックス・バファローズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2022

デイリーリポート

第4戦

オリックス投手陣が完封リレーで1点を守り切りシリーズ初勝利。ヤクルトは打線にあと一本が出ず

 ヤクルトとオリックスによる頂上決戦、SMBC日本シリーズ2022は10月26日に京セラドーム大阪で第4戦を迎えた。ヤクルトが敵地での初戦も勝利を収めて2勝1分けとしたが、相手の勢いを止めたまま一気に王手をかけたい。一方、オリックスはまずは1勝を手にしなければ始まらない。本拠地から逆襲するために、絶対に負けられない一戦となった。

 オリックスの先発・山岡泰輔は立ち上がり先頭の塩見泰隆に中前打を許し、続く山崎晃大朗の犠打が手につかずエラー。いきなり無死一、二塁とピンチを迎えた。先制点を与えたくない場面で山田哲人、村上宗隆、オスナのクリーンアップを迎えたが、すべて凡打に打ち取る。2回表も先頭の青木宣親に右前打を浴びるも、サンタナを右飛、中村悠平を二ゴロ併殺打に。さらに3回表も二死一、二塁とピンチで村上と対峙したが、フルカウントから縦のスライダーで空振り三振に仕留め、得点を許さない。

 オリックス打線は初回に二死満塁、2回裏に一死一、二塁とチャンスを作ったが、あと一本が出ない。だが、粘りの投球を見せている山岡にようやく応えたのは3回裏だった。一死二塁から頓宮裕真が石川雅規のカーブを引っ掛け三ゴロに倒れ二死に。チャンスは再びついえそうになったが、続く杉本裕太郎がチェンジアップに食らいついた。打球はレフト前に落ちる適時打に。「何とか先制の1本になってくれて良かったです」と安堵の表情を見せた長距離砲の意地の一打でオリックスが1点を先制した。

 山岡は5回表、一死から塩見に中堅フェンス直撃の三塁打を浴びてしまう。ここでオリックスベンチは山岡を降板させる決断。マウンドに三振奪取能力の高いリリーフ右腕・宇田川優希を送る。宇田川は期待どおりに山崎、山田をフォークで、それぞれ空振り三振、見逃し三振に斬って取った。宇田川は6回表にも一死一、三塁のピンチを背負ったがサンタナをフォークで空振り三振、さらに二死二、三塁となったが中村を153キロ直球で空振り三振に斬って取り、1点を守り切った。

 ヤクルトも6回から継投に入り、木澤尚文がマウンドに。木澤は6回裏を三者凡退、7回裏は走者を出すもホームまではかえさない。反撃したいヤクルトは8回表、三番・山田からの攻撃。7回表から登板し、回またぎとなった山﨑颯一郎の攻略に期待がかかったが山田は中飛、四番・村上もフルカウントから外角高めの159キロ直球に押し込まれ左飛。五番・オスナもスライダーで右飛に打ち取られ、得点を奪うことができなかった。

 9回表、オリックスのマウンドにはワゲスパックが上がった。1点を追いかけるヤクルトは先頭の丸山和郁が左翼へ二塁打を放つ。だが、ワゲスパックの前にサンタナ、代打・宮本丈が連続空振り三振。二死二塁となり、ヤクルトベンチが代打に送ったのは第2戦で9回裏に起死回生の同点3ランを放った内山壮真。劇打の再現を狙ったがスライダー、ツーシームで2ストライクと追い込まれる。ワゲスパックを後押しするかのように球場にはオリックスファンの拍手が沸き起こる。3球目、内角への155キロ直球に対して果敢にスイングした内山壮だが、打球は捕手後方へ。捕邪飛となり、ゲームセット。オリックスが4試合目にしてシリーズ初勝利をつかんだ。

 1対0の接戦にオリックス・中嶋聡監督は「かなりしんどかったです。だいぶ、しびれました」と本音を吐露。勝ってタイに持ち込みたい第5戦に向けて「しびれるゲームですけど、何とか明日は点を取って、楽に見ましょう!」と打線の奮起を促した。

SMBC日本シリーズ2022 第4戦

2022年10月26日(水)
京セラドーム大阪 ◇開始 18:35 (3時間28分) ◇入場者 33,210人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
東京ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1
オリックス 0 0 1 0 0 0 0 0 x 1 3 1
バッテリー
【ヤ】 石川(0-1)、木澤今野 ‐ 中村
【オ】 山岡、○宇田川(1-0)、山﨑颯、(S)ワゲスパック(1) ‐ 若月