• セントラル・リーグ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 阪神タイガース
  • 読売ジャイアンツ
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • パシフィック・リーグ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

2013 WORLD BASEBALL CLASSIC

デイリーレポート

第2ラウンド1組 Game 2 - 3月8日(金) -

 2013ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2ラウンドは8日、東京ドームでダブルエリミネーション方式1回戦が行われ、 第1ラウンドA組2位の日本はB組1位のチャイニーズタイペイと対戦、延長10回の死闘の末、4-3で逆転勝ち、決勝ラウンド進出へ王手をかけました。

 0-2とリードを許した日本は8回、井端弘和(中日)と内川聖一(福岡ソフトバンク)の連打で作ったチャンスに、 阿部慎之助(読売)と坂本勇人(読売)がタイムリーを放って同点に追いつきましたが、それも束の間、その裏に再び1点のリードを奪われました。しかし粘る日本は9回、2死一塁から鳥谷敬(阪神)が盗塁を決めると、井端が中前に起死回生の同点打。10回には1死二、三塁から中田翔(北海道日本ハム)が左翼へ犠飛を放って勝ち越し。最後は杉内俊哉(読売)が踏ん張り、4時間37分に及ぶ死闘を制しました。

 山本浩二監督は「よく粘ってくれました。終盤の粘りには万歳です」と死力を尽くしたナインを称えました。

 日本は次戦、決勝ラウンド進出を懸けて、10日(日)19時からオランダと対戦します。

第2ラウンド1組(Game 2)

2013年3月8日(金)
東京ドーム ◇開始 19:08 (4時間37分) ◇入場者 43,527

(1勝0敗)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 H E
日 本 0 0 0 0 0 0 0 2 1 1 4 13 0
チャイニーズタイペイ 0 0 1 0 1 0 0 1 0 0 3 11 0

(0勝1敗)

(延長10回)

バッテリー
[日] 能見、攝津、田中、山口、澤村、○牧田(1-0)、(S)杉内(1) - 阿部、相川、炭谷
[チ] 王建民、藩威倫、郭泓志、王鏡銘、●陳鴻文(0-1)、林イー豪、陽耀勲 - 林泓育、高志鋼